思うこと」タグアーカイブ

人生を味わいつくす

 

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末年始は実家で過ごしました。曽祖父の33回忌があったので、お坊さんを実家にお呼びして、お経をあげていただきました

余談ですが、私は英語講師なので、音源を聞きながら音読練習する大切さを良く伝えます。聞こえてくる音のまま、文字は読まないで追いかけるシャドーイングと言う練習で、ネイティブの音に慣れていくこと。だからつい、法要の際にお経を聞くと、頭の中で追いかけて練習してしまいます。

でもこれは、あくまでも音を追いかけて同じ音で言えるようになるための練習。意味がわからないままいくら唱えても、話せるようにはなりません。意味を理解する大切さに気づくのも、ひたすら音だけ真似て上達しないお経のシャドーイングで実証済み😜

で、今日は音読練習の話ではなくて(笑)

お経のあとのお説教で、今年の目標にしようと思った言葉がありました。

「人生を味わいつくす」

せかせかしていると、日々の生活を味わえない。移動だって、例えば、出発点と目的地だけしか考えていなければ道中を味わえていない。かといって、だらだら過ごすことを言っているのではないはず。先ばかり考えず、後ろに囚われず、今この瞬間に集中して生きることなのかなぁというのが私の解釈です。ついつい先が心配になって踏み出せないことや踏ん張れないことが良くあるので、反省の意も込めて、今年は

今、この一瞬を大切にする。

今をしっかり見つめる。

人生を味わい尽くす。

言うは易しで、書いたそばから明日のことが気になってそわそわしている私ですが、日々修行です!

決してお坊さんは、のんびりお茶してなさいとは言っていませんが、、、 実家では環境と使う食器が変わるので、あれこれお茶を楽しんできました。その写真を何枚か。

img_7949

窓のそばに作られた、window seat。実家に帰ったらまずここに座ってのんびりします。最初に使うコップもいつも決まって、イギリス・スポードの Queen’s Bird。このシートは壁に半分囲われているので、人の気配はありつつも人目から隠れられるのがなんとも居心地良いのです。気がつくとここで寝てる。

img_8040

私は枝のデコレーションが大好きで、ハロウィンクリスマス飾りも枝がメインでした。帰省したら、実家でも着々と枝のデコレーションが考えられていた。庭から切ってきた木と母手作り作成中のレース編みスノーフレイク。たくさん作っているので、お正月飾りを下ろしたら、かなりの大きなデコレーションになる予定らしい。う、負けた。

スウェーデン・ロールストランドのカップ&ソーサーはビンテージらしいけど、おそらくこの家にあるものの多くは、新品で買ったものもすでにビンテージと呼べるんじゃないかな(笑)

img_7964

このカップ&ソーサーも大のお気に入りで、Queen’s Bird の次はこれと決まっている。イギリス・スポードの赤絵。クリーマーは、フランスのジアン。我が家にはない柄物だけど、本当は大好き❤︎ お花は全て庭から。

img_7992

こうやって、全部、庭と畑から切ってきて。活けながら、うーん、もう一本黄色足そうかな、長いのがいるかなぁと言いながら、また切りに行って持ってくる。

img_7998

キンカンも切ってきて活けました。スポードの Queen’s Bird は和皿とも相性よし。

img_8075

いつものグラノーラだって、ビレロイ&ボッホの柄入りボウルに入れるとイメージが変わる。ああ楽し🎵

2016年も終わりです。


実家に帰る前に冷蔵庫の大整理をするのが、だいたい私の仕事納め。

クリスマスには米粉のロールケーキにマロンクリームを挟んだブッシュドノエルにしたので、残りのマロンクリーム使い切り作戦。


いつもの作り置きグラノーラと、最近ハマっている自家製アップルソース、ギリシャヨーグルト、などを出してきてパフェにしました。ボリュームたっぷりです。

このマロンクリーム、全く甘味が足されていないマロンペーストに、ハチミツと泡立てた生クリーム、バニラビーンズ、ラム酒で味付けしています。

パフェがあまり好みではないうちの家族は、マロンクリームをスプーンですくってそのまま食べました。そして実はこれが1番おいしい食べ方^o^

冷蔵庫をほぼ空にして、いま、田舎で実家の正月準備を手伝いながらこれを書いています。


今年は私にとってのグルテンフリー生活・元年でした。

実を言うと最初の頃はグルテンフリー菓子を作ってもおいしくできなくて、家族にも食べてもらえなくて、、、。特に子供は正直ですから。作った物をまずいと言われるほど辛いことはないので、いい年してベソかきながら試作を続けていました。

少しずつ使う材料の特徴が分かり、人にも食べてもらえる仕上がりになり、シェアできる輪が広がってきました。そしてたくさんの方に助けていただきました。

感謝です!ありがとうございました😊

日本人が目で見ても実際に食べてもおいしいと思ってもらえて体にも優しいー「グルテンフリーなのにかわいい、グルテンフリーだからおいしい」ーそんなお菓子をこれからも作って提案し続けます。

どうぞ良いお年をお迎えください。

2017年もよろしくお願いいたします。

クリスマスの振り返り

img_7396

クリスマスが終わるや否や、街のデコレーションが片付けられて、同時にお正月飾りが出回る日本。以前なら、どうしてもっとゆっくりクリスマスを味わえないの?と残念に思っていたけど、子供が大きくなってくると少しクリスマスに対する意識も変わることに気づいた今年。そして儀式とも言えるお正月に向かって盛り上がっていく日本の文化も大事なのです。

クリスマスを盛大に祝う国で長く過ごしたから、今までは12月はずっとお祭り気分。11月の最終週には大きなツリーを出し、12月1日からはアドベントカレンダーに入れるものを毎日考えて。でもサンタさんの存在がばれてしまって二年が経ち、娘も物よりお金で欲しい年齢に。そうなると、あれ?あれ?なんだかプレゼントをあげるだけの日になってしまってないか?と振り返った年でした。

節目を祝うことは大切だと思っているので、控えめにしつつも思い出の飾りを少し出して季節感を味わい、作るお菓子も季節を意識したものにしました。でも、キリスト様が君臨する訳ではない我が家にとっての12月25日は、家族揃って楽しくご飯が食べられたら幸せだなぁと思うのです。それはもちろんいつものことだけど、いつもよりちょっと気分が上がる食事を用意して、テーブルも少し整えて、デザートも。。。という特別感があれば、年末を迎える前の区切りに最適な日に。

img_7255

母が買っていて譲り受けた、もうおそらく25年以上は経つ陶器のレリーフ飾りも、今年はツリーではなくペイントされた柳の木に。ホワイトonホワイト。

お菓子はいっぱい焼きました。もちろん全てグルテンフリーです。こんなにバターとお砂糖を使わなかった12月は初めてだったけど、じゅうぶんに満たされたホリデーシーズンでした。

img_7246

型抜きクッキーの生地が出来上がったので、いろいろな形で楽しみました。
クッキー型、厳選して残したのですが、特に小ぶりなものが残ったなぁ。結局、私は小ぶりでかわいいお菓子が好きなんです。

img_7618

すぐ前の記事に書いたばかりの、米粉の薄焼きスポンジは、本当に美味しくて応用が利いて、使いやすくて優秀。バニラクリーム、チョコクリーム、そしてクリスマス本番のマロンクリーム。どれもとっても良く合う!

img_7713

 

”Kana’s Place サンプルセット”を持っていく機会があったので。こういうのは、考える時間もたまらなく楽しいもの。米粉のロールケーキグルテンフリー・グラノーラナッツバター・クッキーバナナブレッド型抜きクッキーとジャムサンド

img_7806

そしてクリスマス当日は、ミートボールとスモークサーモンで北欧風。スウェーデンに住んでいた時に覚えて以来、娘からのリクエストはチキンではなくミートボールなので。米粉のロールケーキにマロンクリームを巻いた、ブッシュドノエルも美味しくできました。写真は、、、

  • 完全逆光
  • 家族が部屋着
  • さらに家族が変顔

につき、ございませぬ。でももしかしたら、こんな公にできない写真の時間ほど、大切なのかもしれないな、なんて。

大きくても小さくてもツリーを守っている、うちの番犬の写真で、クリスマスの振り返りはおしまいで〜す❤︎

 

小麦断ち半年経過.

写真はカボチャと赤ピーマンと人参のポタージュ。最近、パプリカではなくて国産の赤ピーマンを見つけて、このスープにたっぷり使いました。ポタージュにする時に使いがちなタマネギを入れず、コンソメも入れず、ただお野菜と水だけで煮て、バーミックス、その後牛乳で伸ばしています。色の濃い野菜でしっかり栄養が摂れそう。ポトポトッと落として竹串でハートにしたのは、ココナッツミルクです。相性ばっちり!

ところで、私のブログの検索ワード No. 1 はなんと、デロンギオーブンです(笑)グルテンフリーお菓子のブログだというのに、機械についての記事がトップとは嬉しいんだかどうだか。

次が「小麦断ち 禁断症状」。知りたいですよねえ。私もグルテンフリー生活を始める前に知りたいと思って調べました。そういえば、禁断症状についてはあまり詳しく書いてないですけど、それもそのはず、あまり症状がなかったから。

久しぶりにこんなことを書いているのは、実は昨日オートミール・グラノーラのレシピを作る際に、ブログ記事(グラノーラ・プレーンのレシピ)も再確認していたのです。今年の2/15の記事で、読んでいるとまだ当時はグルテンフリーをスタートさせていなくて、ただ、パンはいっぱい食べるからパン以外の小麦を控えよう…と言っているレベル。(レシピの改訂版が必要!書きますっ)

その後すぐに小麦を断ち、6ヶ月が経ちました。私のグルテンフリー・ライフ、まだ半年だったんだぁ、と驚いてしまって。もっと経っているような、もうずっとパンを食べていないような、パンばかりを食べていた日が随分と前のようなそんな気がしていました。

これから小麦断ちを考えている人がいれば、思っている以上に体は楽だということを伝えたいです。それは私のようにかなり小麦摂取量が多かった者にとっても。

とにかく思い切りよくスパーンッと小麦と穀物をやめたので、覚悟はしていました。少しして体がだるい、頭が痛いといった症状はあったものの、堪え難いものではないです。水分をたくさん摂ること、小麦や穀物で得られていた栄養を賢く他のものから摂ることを意識していれば大丈夫。

そもそも肌の不調が理由でスタートしたグルテンフリーですが、まだ一年たっていないので、これから乾燥のひどくなる冬場にかけてどのように肌が改善されたかが判明します。ただ、保湿力があがったのか、明らかにお手入れは楽になりました。化粧品カウンターのお姉さんに呆れられながらも、ノーファンデ貫けていますし、糖化による肌の衰えを少しは遅らせることができるかなぁと期待できます。

その他の実感としては、むくみが減った。食後のだるさもなくなった。次の食事まで我慢できない空腹感がなくなった。

例えば人間ドック前の夜9時以降、朝の検査まで食べてはいけない、というのが以前はとても辛かったのです。思えば、血糖値の上げ下げが原因していたのでしょう。今なら、夕飯以降12〜14 時間は食べなくても平気。コーヒーさえ飲めれば(笑)平気だけど、食べますよ。でも朝おきたらなにか食べなきゃ!という強迫観念からはフリーになれました。

そして主にグルテンフリーの生活を続けていますが、時と場合によっては小麦のものも頂きます。体調がすぐれない時に家族が買ってきてくれるものや、作ってくれるもの、人からいただくもの、大勢で囲むテーブル、こんな場合は、心から嬉しく美味しくなんでも頂きます。普段ほとんど小麦を摂取しないので、1日、2日たべたところで、その瞬間なにか症状が出ることはないです。またやめるのが辛くなるということもない。

自分で作る食事やお菓子は、グルテンフリー&穀物不使用のものもあれば、穀物はOKとするもの両方を取り入れています。

ベースはグルテンフリー、でも柔軟に毎日を楽しむこと。こんな調子で、グルテンフリーライフ、7ヶ月目もスタート。

 

カリフォルニア旅行・食材ショッピング

ロスで一番興奮したお買い物はファーマーズマーケットとスーパーで、だったかもしれない。

旅行に出る前にしっかりと片付けをし、手元にはお気に入りのものだけに近づけようとしながら、旅行先では厳選したあるものを買うつもりでいました。

そのひとつは Vitamix。バイタミックスといえば、ヘルスコンシャスな人たちのキッチンにはかなりの確率で置いてある、高速ミキサー。スムージーを作ると、今までのミキサーでは出せなかったなめらかさになるとか、具材を入れて回すだけで暖かいスープができてしまうとか。何より私が魅かれたのは、ナッツや穀類をあっという間に粉末状にし、ナッツバターも簡単に作れちゃうところ。調べれば調べるほど、あー、これがあったら良い!と思い込んでしまい。

アメリカの大好きなキッチンストアで、高い棚から下ろしてもらって、実物を見て、あと数分で「これ、買います」というところだったのだけど。

ふと、思ったのです。私が目指しているレシピは、誰でも簡単に再現できて、材料もなるべく入手しやすいものを使っていて、気軽に作れるんだけど体に良いもの。道具も一般的なキッチンにありそうなものを使うこと。

しかも、私スムージー飲まない(笑)ナッツをバターにするのは欲しいけど、瓶詰めの上質なナッツバターがある。穀類を粉にするメリットというけど、私のお菓子作りは、なるべく穀類もカットしていたんだった(爆)

ものを追いかけるというのは怖い。こんな、本質的なことを忘れそうになるんです。

だからグルテンフリーの食べ物を探し、食べられるものは食べ、レストランやカフェで美味しかったら材料を聞き、地元産のフルーツをたっぷり頂き、本屋ではたくさんの情報を得て、価値ある体験をしてきました。

そして自然食品のスーパー Wholefoods Market や Trader Joe’s で大はしゃぎしてグルテンや穀物を使わない食品を買ってかえってきました。

image

Justin’s のナッツバター個包装、フレーバー色々。これは以前から iHerb で見て気になっていたのですが、アメリカのスタバで食べられることができたのです。

image

スタバは大好きだけど、食生活を変えてからは食べるものがなくて、日本では飲み物オンリー。でもアメリカでは protein box と呼ばれる、フルーツやゆで卵、チーズ、そこに食べてみたかった Justin’s のナッツバターも含まれたセットがある!なぜ、このセットを日本で売ってくれないの〜 小さなパンがついているからグルテンフリーではないけど、マルチグレイン。チーズは本格的な美味しさだし、フレッシュフルーツが外出中に食べられるのは嬉しいのですよ。ブラックコーヒーに合うのは甘い食べ物だけではないから!!で、Justin’sも美味しかったので、色々なフレバーを買って帰りました。持ち歩きにも便利です。

image

ハチミツはカリフォルニアで採れたものが量り売り。

image

Long Beach のワイルドフラワー・ハニー、娘にたっぷり詰めてもらいます。

瓶詰めになったアーモンドバターと、最近手作りで用意しておくトレイル・ミックスは、 Trader Joe’s で。

image

玄米パスタ、種類が多すぎて迷ってしまいました。サラダにも使えそうなスパイラルにして、家族にも食べてもらおう。右のグリリング・ラップは今、流行っているのですよ。薄〜いシダーウッドのシートで、お肉や野菜を包んで焼くとパサつかずに良い香りが移るというもの。

キヌアはレストランで食べるサラダやスープにたくさん使われていて、とても参考になりました。色のアクセントとしてレッド・キヌアも多かったので、私はキヌア(レッド&ホワイト)とキビ、そばの実がミックスされたものを購入。

PALEO パレオ、とは原始的な食生活に戻そうとするライフスタイルで、グルテンだけでなく穀類も控えるのですが、そのパンケーキミックス。グラノーラもグルテンフリー&穀類不使用。それからカフェでいただいたグルテンフリー・パンケーキがオートミール粉を使っていたので、オートフラワーも。

パンケーキミックス、グラハムクラッカー、ゴマ入り塩味クラッカー

こんなグルテンフリーの箱入りの食品が、棚一面を埋め尽くしている。もっともっと吟味したかったけど、限られた時間で、パパッとカートに入れたのが、パンケーキミックス粉、グラハムクラッカー、ゴマ入り米粉&アーモンドパウダークラッカー。

この二つのスーパー、大好きすぎるから、両店舗でエコバッグをお土産に買いたくなるけど、ふと、また冷静になる。エコバッグ、たくさん持ってるなぁ、当分必要ないなぁ。ミニマリストになりきれない、でもなりたいと思っている人間の頭の中は忙しすぎるのです^^

食材はすでに使っていっていますので、順番に感想をアップしますね!