生ハチミツ」タグアーカイブ

砂糖不使用ミルクゼリー ミルクゼリー 砂糖不使用ゼリー

ふるふるミルクゼリー

ミルクゼリー 砂糖不使用ミルクゼリー

 

ゼリーはカップに入ったまま食べるほどのゆるさではなく、つるんと型から出したものが好き。だけど型から出るギリギリの固さで、スプーンを入れるとふるふるっと揺れるくらいのもの。

私がまだ学生だったころに書き出した、雑誌掲載の配合を、白砂糖から生ハチミツに変えて作り続けています。

固まるのに必要な時間は約6時間、だけど長く置くと今度は硬くなりすぎちゃう。絶妙なふるふる感は食べる時間から逆算して、、、だなんてことはしていないけど、出来立て(固まりたて)が美味しくて、日持ちがしないもの。家庭で作るのにぴったりですね。

香りを何も足さずに、牛乳とハチミツだけの味を楽しんでも良し、バニラやアーモンドのオイルを数的加えても良し。そして私が最近はまっているローズウォーターを加えたものもおすすめ。

このプレーンなミルクゼリーは、フルーツを軽く煮たソースととても良く合います。砂糖不使用のジャムを少し伸ばしてソースにすることも。

砂糖不使用ミルクゼリー ミルクゼリー

この写真は、生で食べきりたい桃をグッと我慢して、レモン汁とハチミツで軽く煮たものを添えています。固めに作った寒天も一緒に浮かべると、ゼラチンと寒天の食感の違いまで楽しめます。ゼリーがぷるん、寒天がコリッ、桃とシロップは、、、つるん🎵


ふるふるミルクゼリー (ゼリーカップ4−5個分)

牛乳550ml
生ハチミツ40g
粉ゼラチン10g
お好みで香り付けのバニラオイル、アーモンドオイル、ローズウォーターなど

  1. 粉ゼラチンは大さじ2の水に振り入れてもどす。
  2. 牛乳半量とはちみつをあたため、沸騰直前で火を止める。
  3. ゼラチンを加え入れて溶かし、残りの牛乳を加える。香り付けをするならここで。
  4. 水にくぐらせたカップ型に注いで、6時間冷蔵庫で冷やす。
  5. 固まったら、温めたタオルでカップ周りを包み、少しだけ温めて型から抜く。
  6. フルーツやソース、ジャムなどを添えても。

 

新生姜のケーキとおすすめココナッツオイル

地中海風オレンジケーキ と良く似た配合を使って、新生姜のケーキを作りました。

新生姜が出回りはじめてすぐに蜂蜜で煮ておいたので、ケーキにはたっぷり刻んで入れて、焼き上がりには、生姜の香りがうつっている蜂蜜をシロップがわりにうっています。

菓子は基本レシピが一応あるものだけど、家庭で作るものは季節の食材や食べたいものを気分に合わせて変更できるべき。 続きを読む

グルテンフリーケーキ グルテンフリーオレンジケーキ グレインフリーケーキ

地中海風オレンジケーキ

地中海地方のお菓子に、丸ごとオレンジをコトコトと煮てからミキサーで潰し、ケーキ生地に混ぜ込んで焼くというオレンジケーキがあるのだそうです。ネットにたくさんレシピが出回っているのだけど、どれも同じようにオレンジを煮て、皮も種も全部潰して混ぜ込む豪快な作り方。材料も砂糖・卵・アーモンドパウダーと本当にシンプルで、長く愛されてきたお菓子だということがわかります。 続きを読む

グラノーラ・バー

グラノーラのレッスンを開催した際に、塊を作るにはどうすれば良いですか?という質問があり、オートミールの一部を砕いて粉状にすればできますよ、と答えました。

グラノーラのボックスを開けると、ゴロンゴロンとはいっている塊。あれを手で食べるのが美味しいんですよね〜 スプーンを使うのは、最後の方のポロポロになったものを食べる時だけ^^

ところがこの塊を作っているのは、接着剤の役割を果たしてくれる小麦のおかげなので、私の書いているグラノーラはグラノーラ・オンリーナッツも、プレーン・グラノーラも、塊にはならないものです。ただ、プレーン・グラノーラはオートミールの半量をフードプロセッサーで砕くことで、小麦の代わりになるので、塊がつくりやすくなります。

でも、出先でパクッと食べたいというリクエストもあり、それなら塊と粉状のミックスより、バーになっていたほうが良いよね?!とプレーン・グラノーラの材料も分量も変えずに作る方法を考えました。

51880B75-CFAF-474B-BC2D-425C816A70A9

と出来上がった、グルテンフリーグラノーラ・バー。

 

オートミールやナッツを粉砕し、液体を加え、小さめの型に入れたらギューッと押し固めてからオーブンで焼く。食べやすいサイズに切って、チョコとドライフルーツで味にアクセントを。

1F54C640-9134-46CE-96D4-8D109CFA7AB5このように小さく切るお菓子は、私は思い切り小さく一口サイズに切ります。2−3口サイズだと、食べる時にポロポロとこぼれてしまう。袋詰めにする時も、大きいの1個より小さいのを数個。見た目にインパクトがあるのは、少し大きめサイズなんですけどね…

6B251469-DF17-4277-815E-7A00D45F354B

さて、リクエストで作ったというのに一番喜んでいるのは私かもしれません。パクッとつまめるグラノーラがなんとも嬉しい。娘も学校に持って行き、お弁当のあとのデザートとしてお友達と食べたらしいです。ポロポロのグラノーラじゃできないですものね。

これが、「袋入りナッツを持ち歩く」のではなく、「クッキーを持ち歩く」のでもない、その間のグラノーラってところが味噌なんだなぁ。と満足しているのです。

 

チョコレートケーキ

 

ガトーショコラほど重くなく、ココア風味のスポンジよりしっとり。そんな理想を探しました。そもそもガトーショコラの中には、使用する粉類がアーモンドパウダーだけのグルテンフリーレシピがあります。でもバターはたっぷり入るので、これをココナッツオイルにするとベタベタと油っぽいだけ。

ずいぶんと前の本ですが、藤野真紀子さんの「語り継ぐお菓子」に載っている、小さなチョコレートケーキが、アーモンドパウダーと粉砂糖に卵白を加えて、マジパンを作ってからチョコレートケーキに仕上げる作り方でした。この方法だと重くはないけどしっとりな食感になります。

本のレシピをグルテンフリー・白砂糖不使用バージョンに変えるため:

粉砂糖をハチミツに、バターはココナッツオイルに。小麦粉はココナッツフラワーに変更。アーモンドパウダー・ココアパウダー・卵は据え置き。でもこうやって入れ替えただけでは美味しくないのです。

見た目はしっとりと仕上がっているのに、パサついた食感。バターが入らない分、ココアでは風味が弱く、色の割にチョコ味がしない。

そこで、ココナッツオイルのさっぱり感を補うために、ココアではなく溶かしダークチョコに変え、粉もアーモンドパウダーとアロールートスターチ(もしくはコーンスターチ)で軽さを出し、配合も変え、甘さはハチミツで控えめにした分、ドライフルーツを入れました。

 

完成です!ラム酒漬けのレーズンをたっぷり加えたので、大人なチョコレートケーキ、かといって重すぎないものができました。ココナッツホイップを添えましたが、プレーンでも美味しい。お子様向けには、ラムレーズンの代わりにジャムを加えても良いですね。

コーヒー・紅茶だけでなく、日本茶も良く合います。可愛くラッピングしてバレンタインに配りたいなぁと考え中です❤︎

Happy baking🎵


ラムレーズン・チョコレートケーキ
(小麦・穀類・白砂糖不使用)

材料:18cm パウンド型1台分

アーモンドパウダー 80g
生ハチミツ40g
卵2個
アロールートスターチ(コーンスターチ)12g
重曹小さじ1/4
ダークチョコレート 30g
ココナッツオイル20g
レーズンのラム酒漬け 大さじ2

1. 下準備:パウンド型にオーブンシートを敷き込んでおく。オーブンは170℃にセット。アロールートスターチと重曹は合わせてふるっておく。
2. 分量の卵は卵白1個分だけ取り分け、残り(卵白1個分+卵黄2個分)は別ボウルに合わせて、軽く溶いておく。
3. チョコレートを乾いたボウルに入れ、60℃の湯煎にかけて溶かす。ハチミツとココナッツオイルが冷えて固まっている場合もそれぞれ湯煎で溶かしておく。
4. 別の大きめのボウルにアーモンドパウダーとハチミツを入れて、ゴムベラで混ぜる。ぽろぽろの状態で良い。
5. 取り分けた卵白1個分を加えて混ぜ、ひとまとまりのペースト状する。
6. 残りの卵を少しずつ加え混ぜ、泡立て器に持ち替えてとろりとした生地に仕上げる。
7. 溶かしたチョコレート、次にアロールートスターチ(もしくはコーンスターチ)と重曹を加え、都度なめらかになるまで混ぜ合わせる。
8. ココナッツオイルも加えて混ぜたら、レーズンのラム酒漬けを加えてゴムベラで軽く合わせる。
9. 型に流し、表面を平らに整えてオーブンに入れる。170℃で30分、竹串に何もついてこなくなれば焼き上がり。