ココナッツミルク」タグアーカイブ

グルテンフリー・春のランチレシピ・開催しました

4/8 グルテンフリーのランチレッスンを開催いたしました。みなとみらい BUKATSUDO のキッチンスペースをお借りして、12名の方に召し上がっていただきました。

1月のグラノーラレッスンでおもてなししてから三ヶ月。いつも作っているものを、たくさん召し上がっていただきたい、と試作を繰り返してきました。 続きを読む

バースデーパーティーの記録

バースデーパーティーでは、バースデーケーキの他に「Kana’s Placeコーナーを作るから!」とありがたい提案をしていただき、グルテンフリー&グレインフリーのお菓子3点を準備しました。 続きを読む

ホット・チアシードプディング(ココナッツミルク風味)

チアシードは冷たいままじゃなきゃダメ?

チアシードは高い栄養素とプチプチした食感が大好きで、夏から秋にかけては冷たくして頂きます。水で戻したばかりのものにヨーグルトやココナッツミルクを添えたり、季節の生フルーツとメープルシロップ、また豆乳やココナッツミルクに浸してゆっくり冷蔵庫で一晩かけて戻してからいただいたり。

戻す時の水分と、のちに加える水分も吸ってプルンプルンになっていくのが何とも美味しいですよね。

ただ、出回っている写真の多さからも、チアシードは冷たく食べるものとのイメージが定着しているように感じます。火を通すと栄養素が減るのでは?という心配も。

火を通しても大丈夫です

だけどやはり寒い朝が続くこの頃は温かいものを食べたいし飲みたい。なにごとも諸説あるものだから、火を通さずに食べること、と言い切っているところもあれば、強火や直熱で長時間加熱しなければ大丈夫、というところもある。私自身は、なるべく体に良いものを食べたいけど、栄養素を守ることが一番大事なのではなくて、美味しいと思う調理法でいただくことにしているので、チアシードプディングも温める食べ方をしています。こういうのは食べたいという気持ちに従うのが大事。

少なくとも弱火で短時間、もしくは何か生地と一緒に混ぜて火を通す場合は、貴重な栄養素も大きくは損なわれないようです。

カカオニブ&チアシード

チアシードの戻し方

戻し方はパッケージやレシピ通りで良いのですが、最初に水で戻すが一番早い。牛乳やジュース、ココナッツミルク、アーモンドミルクなどにチアシードを混ぜ入れて、冷蔵庫で一晩…とよく書かれているのは、単純に戻す時間がかかるから。そして均一にならない場合があります。水で戻す場合は30分もあれば十分。その後に風味付けとして他の水分を足すのがお勧めです。

私は見た目だけの理由で、ホワイトチアシードを使っています。

012D9E8A-121D-47B1-B38A-0BF645BE57AD

カカオニブといちごの組み合わせ、最高です

そこに、生のいちごと、Sunfood SUPERFOODS のカカオニブを散らしました。ココナッツミルクの濃厚さと、冷たくて甘酸っぱいいちご、そして温かいミルクで香りがたつカカオニブ。。。色も風味も食感もお気に入りな一品です。

本当のところ、もともと冷たいものが苦手な私は、冷たいチアシードよりこちらのホット・チアシードのほうが好き。きっと一年を通して作ることになりそう。

グルテンフリー、グレインフリー(穀物不使用)、乳製品不使用、白砂糖不使用です。

レシピといえないくらい簡単!ココナッツミルクは、牛乳や豆乳に変えても構いませんし、分量も多ければチアシードドリンクになり、少なければチアシードプディングに。また季節のフルーツやトッピングで味の変化を楽しんでくださいね。


ホット・チアシードプディング(ココナッツミルク風味)(一人前)

  1. チアシード大さじ1を水150mlで戻す。常温の水なら30分もかかりませんが、途中で2、3回混ぜるとダマにならずに戻すことができます。
  2. 小鍋にココナッツミルク(125ml) とお好みの量のハチミツを入れ、中火にかける。ふつふつと湧いてきたら弱火にし、戻したチアシードを加えて、ゆっくり混ぜながら温める。ここで長く煮ないように。
  3. 火からおろし、スライスしたいちごとカカオニブを散らす。温かいうちにどうぞ🎵