ココナッツシュガー」タグアーカイブ

秋のお菓子作り-アップルクランブルとパンプキンパイ-

定期的にインスタグラムにアップするようになると、ついついブログが遠のいてしまいます。いざ、座ってブログ書こうと思っても、ちょっと時が経ちすぎてしまったように感じて(たとえ数日でも)手が止まってしまう。今、この瞬間をシェアすることと、落ち着いて書くことと、ちゃんと使い分けないといけませんね。

続きを読む

ドクターズナチュラルレシピ、試作の様子

6月に入ってからは、イベントのメニューを考えていました。

クレンズフードとして人気のドクターズナチュラルレシピ  の商品をご紹介することになったので、みんなが美味しいと思う食べ方を試作しては食べてもらう、を繰り返していました。もちろん、すべてグルテンフリー✨

なんと、牛乳パックに直接巻きつけて室温に置いておくだけでヨーグルトができてしまう、ヨーグルトウォーマー。市販のものよりはるかに多くの良質な菌が取れるヨーグルト菌は粉末で小分けになっているので、振り入れるだけ。

もちろん普通の牛乳でもできるけど、素晴らしいのは成分無調整の豆乳でもできてしまうところ。翌日ちゃーんと豆乳がとろっとなっていて、食べるとほのかに酸味のある、まさに豆乳のヨーグルト。とても美味しい!

オレンジ果汁で煮たいちじくがトロッと混ざると、あれ?フルーツ白和え?と思ってしまいそうな、絶妙な組み合わせでした🎵

試作段階でお友達に食べにきてもらった日。

クレンズパンケーキ。口どけよくするために卵白しっかり泡立てて。米粉・大豆粉入りで食物繊維たっぷりが嬉しい。

また別の日には、コロッケの試作。マッシュグレーン入りです。衣はおから。外は軽くて、中もふんわり。これは作り置きして朝揚げたものをお弁当に入れることも。

マッシュグレーンとは、雑穀なのですが、キヌアとアマランサスが入っていて、少しもっちりぷちぷちな食感が独特で美味しい。クレンズパンケーキの粉とマッシュグレーンでデザートのミニマフィンもできました。

早くみんなに食べてもらいたいなぁ。

型抜きクッキーでジャムサンド&ラムレーズンバターサンド(グルテンフリー&穀物不使用)

 

クリスマスといえば、クッキー作りですね。季節の型で焼くだけで、ホリデー気分になるのだから、不思議です。

生地はすべて、パンプキンパイに使ったパイ生地。アーモンドフラワー・ココナッツフラワー・アロースターチ(もしくはコーンスターチ)で作るパイ生地は、扱いすさも、食感も型抜きクッキーにぴったりでした。パイに添える木の葉クッキーで確信していたので、早くこの生地で作りたくて。そして今回はジャムサンドとバターサンドにしました。

 

私がジャムサンドを作る時は、この型2種の組み合わせと決めています。波形で抜いた生地の半量にだけ、小さなハートで窓を作り、そのハートも一緒に焼き上げます。以前はここに粉砂糖で白くお化粧していましたが、いまはナシ。でも小窓にジャムがぷっくりと盛り上がって、小さなハートも添えた姿が大好きです。

そしてジャムもラズベリーが一番。サンダルフォーの砂糖不使用ラズベリージャムを使っています。少しだけ煮詰めてサンドすることで、冷めると固まり、サクッと噛んだあとに、ネチッと濃厚なジャムが味わえます。

img_7616

実は娘の大好物、私も大好き、ラムレーズン・バターサンド。様々なメーカーから出ていますが、どちらかというと軽めのクッキーにバタークリームは多すぎず少なすぎず。ラムを効かせたレーズンは数多め、というのが好きみたい。

 


家庭で食べるなら、バタークリームは特に凝る必要はなく、室温に戻してハンドミキサーで泡立てれば美味しくいただけます。ラム酒にしばらくつけておいたレーズンはふっくら、はちみつと一緒にしっかりと泡立てたバターはふんわり。クッキーはサクサク。ムフフ、大好きな味に仕上がりました。

よく冬になると売り出される、缶に入ったクッキー。丸いのやプレッツエル型のや、ザラメまぶしのなどが入った、あの缶入りクッキー。それを、グルテンフリー&穀物不使用でも再現できました🎵 プレーンバニラ、ジャムサンド、ラムレーズン・バターサンド、はちみつキャラメルがけ。

蓋を開けると、わー、どれ食べよっ!と悩む楽しさったら。

Happy Halloween

img_6499-2

ハロウィンの前日、仮装はなし、グロテスクな飾りもなし、ただ集まってお喋りするために otonomori のメンバーをお招きしました。otonomori は私が体の軸を取り戻すべくお世話になっている場所。ヨガの動きやコアを意識した動き、セルフケア、などなどを通じて、私にとっては自分の体と対話する場所です。ひょんなことから、

「お茶しにいきたーい」

「いつでも来てー」

「あ!じゃ、ハロウィンに!」となって、この日を迎えました。

食事やデザートは私が実践している、グルテンフリーか穀物不使用でありながら、そうは感じさせないもの。季節のものを取り入れて、食べながら体をきれいにしてくれるものを意識しています。

当日はどうしてもバタバタするので、写真はゲストが撮ってくれたものも混ぜてご紹介しますね。

集まるのはうちの娘以外、大人の女性ばかりだったので、シックなテーブルにしたいと思っていました。ハロウィンの飾りつけもリビングのワンコーナーだけで、普段から使っている黒の小物が基調だから、テーブル上のオレンジの小物もたった一個のパンプキンだけです。テーブルクロスは、ダークグレイのリネン生地を布屋さんで見つけて両端を縫っただけ。かれこれ、10年は使っているすこし厚手のものです。

img_6545-2

ビュッフェスタイルで食事が取りやすいように、お花もキャンドルも小さく低く。ピーナッツバターの空き瓶とIKEAのキャンドル。食べ物で色は追加されるから、お花はグリーンのみ。

img_6562-2

生ハムやチーズ、オリーブの盛り合わせ。パルメジャーノをザクザクと切ります。

img_6561-2

サラダは、茹でたサツマイモやかぼちゃの種で季節を意識、カッテージチーズも散らし、モデナのアチェート・バルサミコとスペインのオリーブオイル、輪島の塩でそれぞれお好きな味に。

img_6557


グラスだけ、不揃いなものを断捨離していたらちゃんと揃わず、使い捨て容器になってしまいました。

奥にうつっているのはミートローフ。グルテンフリー生活をはじめてから、つなぎのパン粉は使いません。今回は代わりに亜麻仁粉とオートミール少々を入れました。風味付けはクミンやガーリックを効かせてすこし大人好み。粒マスタードで。

img_6525-2

デザートは、皆が食べている時にオーブンへ。アーモンドパウダーとココナッツパウダー、葛粉を使ったグルテンフリー&穀物不使用パイ生地のパンプキンパイ。(レシピはこちら

中心はまだ焼き固まっていない状態で出して冷ましておくと、ちょうど良く滑らかに仕上がります。

img_6509-2

切ってくれるゲストに、あえてサイズまちまちにしてね、とお願いしました。人によって食べたいサイズが違うから。

img_6508-2

オートミールを使ったグルテンフリー・アップルクランブル(レシピはこちら)が焼きあがったところで、デザートタイム。

img_6527-2


生クリームとメープルを合わせた簡単なソースを添えます。これ、実は泡だてた生クリームの泡が消えていたところにメープルシロップを混ぜてかけてみたら、別々より美味しかったので、生まれた味(笑)

img_6559-2


ゲストに淹れてもらうコーヒーの美味しさよ♡

 

img_6563-2


ここだけは、グルテンフリーでも白砂糖不使用でもないコーナー。ハロウィンに私がゲストを呼ぶと伝えた時から、娘が作って出すと決めていた魔女のホウキとクッキーの蜘蛛。ティーン雑誌に載っていたものや学校の英語の先生が見せてくれたお菓子だそうで、絵に描いたり材料を日本のものに変える案を書き出したり、事前に作ってみたりして用意していました。ゲストに作ってあげたい、テーブルのテーマに添って華やかにしたい、何よりゲストが来てくれるのを楽しみにしている、その気持ちが嬉しいから市販のクッキーとチョコでもそのままお出ししました。

img_6428


長いキャンドルがほぼ燃え尽きるまでお喋りを楽しんで、たくさんのプラスのエネルギーを浴びて、お開きに。

さ、次はいつにしようかな~^o^