img_7018

ヨガクラスお土産のグラノーラ

グルテンフリー 生活を始めてしばらく経った頃、かねてから興味のあった ヨガ 教室を探し始めました。ずっと動いているのは苦にならないけど、運動音痴な私。過去にジム通いは何度か経験あるものの、大人数クラスだと皆の動きについていくのがやっとだったり、マシーンで走るくらいだったら近所を歩く方が好きだなぁと思ってしまったりで続きません。

かといって、小型犬の散歩くらいじゃ大した運動じゃないし(笑)、通年肩こり腰痛持ちになってしまって体が重かった。で、ひょんなことから見つけた otonomori のウェルネストレーニングを体験。一回で気に入って、通い続けています。

骨盤だ、仙骨だ、肩の力を抜いて姿勢良くするだ、、、情報としては入ってきていたけど、自分では全くどう使っていいのかわからなかった体。軸を知り、パーツを意識して動かす。閉じる。開く。呼吸とともに緩める。締める。

マッサージに通うしかないと思っていた凝りが軽減され、毎日少しの時間でも仙骨の位置や足の裏の使い方を意識して生活するようになりました。何より、40代半ばにさしかかってもまだまだ体に良い記憶を覚えこませることができる!というのが嬉しい。

そしてご縁というのは不思議なもので、体の使い方と食べるものの意識がフィットし、特別ヨガクラスで私のグラノーラをお土産にお渡しすることになりました。

Wellness beauty yoga 、冬の骨盤を意識した火曜夜のクラス。体を温めることがテーマなので、夜のうちに体を動かし、翌朝にも温め効果のある グラノーラ を食べてもらう。余韻を楽しみながら栄養を摂ってほしい。そんな思いで作ります。

定番の材料とは別に、冬になると恋しくなる スパイス は体を温める効果があることから、たっぷり シナモン 、ジンジャー、クローブを効かせます。加える ドライフルーツ もちゃんと意味があって。アプリコットは冷え性に効果があり、レーズンは筋肉をサポートしてくれます。

そんな材料とスパイスの効能を書いた用紙も一緒に。基礎化粧品も箱やリーフレットに書かれている効果を読むことで、実際の効果が倍増するといわれるので、ただ食べるより食材の意味を知っていたほうが良いはず。

パッケージは蓋をあけた瞬間の香りから楽しんでもらうための容器。

そして約8年ぶりに再会したお友達がデザインの仕事を始めていたと知った今月初旬。実は今ラベルが欲しいの!とお願いして作ってもらいました。

つながっていく。ああ嬉しいな。

Print Friendly

コメントを残す