人生を味わいつくす

 

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末年始は実家で過ごしました。曽祖父の33回忌があったので、お坊さんを実家にお呼びして、お経をあげていただきました

余談ですが、私は英語講師なので、音源を聞きながら音読練習する大切さを良く伝えます。聞こえてくる音のまま、文字は読まないで追いかけるシャドーイングと言う練習で、ネイティブの音に慣れていくこと。だからつい、法要の際にお経を聞くと、頭の中で追いかけて練習してしまいます。

でもこれは、あくまでも音を追いかけて同じ音で言えるようになるための練習。意味がわからないままいくら唱えても、話せるようにはなりません。意味を理解する大切さに気づくのも、ひたすら音だけ真似て上達しないお経のシャドーイングで実証済み😜

で、今日は音読練習の話ではなくて(笑)

お経のあとのお説教で、今年の目標にしようと思った言葉がありました。

「人生を味わいつくす」

せかせかしていると、日々の生活を味わえない。移動だって、例えば、出発点と目的地だけしか考えていなければ道中を味わえていない。かといって、だらだら過ごすことを言っているのではないはず。先ばかり考えず、後ろに囚われず、今この瞬間に集中して生きることなのかなぁというのが私の解釈です。ついつい先が心配になって踏み出せないことや踏ん張れないことが良くあるので、反省の意も込めて、今年は

今、この一瞬を大切にする。

今をしっかり見つめる。

人生を味わい尽くす。

言うは易しで、書いたそばから明日のことが気になってそわそわしている私ですが、日々修行です!

決してお坊さんは、のんびりお茶してなさいとは言っていませんが、、、 実家では環境と使う食器が変わるので、あれこれお茶を楽しんできました。その写真を何枚か。

img_7949

窓のそばに作られた、window seat。実家に帰ったらまずここに座ってのんびりします。最初に使うコップもいつも決まって、イギリス・スポードの Queen’s Bird。このシートは壁に半分囲われているので、人の気配はありつつも人目から隠れられるのがなんとも居心地良いのです。気がつくとここで寝てる。

img_8040

私は枝のデコレーションが大好きで、ハロウィンクリスマス飾りも枝がメインでした。帰省したら、実家でも着々と枝のデコレーションが考えられていた。庭から切ってきた木と母手作り作成中のレース編みスノーフレイク。たくさん作っているので、お正月飾りを下ろしたら、かなりの大きなデコレーションになる予定らしい。う、負けた。

スウェーデン・ロールストランドのカップ&ソーサーはビンテージらしいけど、おそらくこの家にあるものの多くは、新品で買ったものもすでにビンテージと呼べるんじゃないかな(笑)

img_7964

このカップ&ソーサーも大のお気に入りで、Queen’s Bird の次はこれと決まっている。イギリス・スポードの赤絵。クリーマーは、フランスのジアン。我が家にはない柄物だけど、本当は大好き❤︎ お花は全て庭から。

img_7992

こうやって、全部、庭と畑から切ってきて。活けながら、うーん、もう一本黄色足そうかな、長いのがいるかなぁと言いながら、また切りに行って持ってくる。

img_7998

キンカンも切ってきて活けました。スポードの Queen’s Bird は和皿とも相性よし。

img_8075

いつものグラノーラだって、ビレロイ&ボッホの柄入りボウルに入れるとイメージが変わる。ああ楽し🎵

Print Friendly

コメントを残す