オートミール粉パンケーキ

image

やっと一通りの実験が終わりました。

晴れて、オートミール・パンケーキのご紹介です。オーツの粉が買えれば、とっても簡単なのですが、日本では手に入りにくい。でもあの味はギブアップしたくない。というわけで、

image

オートミールをフードプロセッサーで砕いて使います。バーミックスのスーパーグラインダーを使いますが、フードプロセッサーやミルサーでもできます。どれくらいの粗さなら許されるか試すため、少し荒削りの状態で作ったら、おかゆをまとめたみたいな食感になってしまいました(涙)だから、なるべく細かくしましょう。穀類を粉末にしてくれる・・・うぅ、買わなかったバイタミックスの存在を思い出している私です。

左が、製粉されている Oat Flour オーツ粉を使って焼いたもの。右は、フープロでコートミールを砕いて作ったもの。ふんわり感は少し損なわれますが、十分おいしくできました。

さて、娘が一度は食べてみたかったというパンケーキタワーも、この配合で作りました。私は、見るだけでお腹いっぱいになってしまうから、高く積み上げられたパンケーキなんて、食べたくないよね?と娘に話したら、

「一度たべてみたいんだよ。積んで、生クリームもアイスも添えてね」と言う。

image

画像でブドウと比較するとわかりますが、ミニミニサイズです。こうしないと食べきれないものね。積み上げたら、自分でデコっていました。

「アイスは写真を撮る直前にスクープするから、撮る時、言って!」

「あ、ミント枯れてるんだっけ。じゃあ、アイビー切ってくるね、、、」

と心得たものです(笑)

ここまでオートミールにこだわったのは、小麦粉の風味にとても近く、食感も良いから。グルテンフリー&グレインフリーを求めるなら、練りゴマ入りココナッツフラワーのレシピがオススメ。グルテンフリーのみなら、この配合でぜひお試しください。

普段ははちみつとココナッツオイルがお菓子作りの基本材料ですが、レシピは、作り比べて、よりふんわり仕上がったココナッツシュガーとバターで書いています。でももちろん、はちみつとココナッツオイルでもおいしくはできます。その場合、少し生地が締まった感じになります。

あ〜バターが溶ける〜と言いながら、ふわふわほかほかのパンケーキを味わってください🎶


オートミール・パンケーキ

  • オートミール粉*1                95g
  • ベーキングパウダー            小さじ1
  • 卵                                        1個
  • ココナッツシュガー*2        大さじ1
  • 牛乳                                      100ml
  • バニラオイル                     数滴
  • 無塩バター*2                        20g

*1 オートミールをフードプロセッサーで細かく砕いたもの

*2 このパンケーキはココナッツシュガーとバターで作ったほうが、ふんわりして美味しいが、はちみつとココナッツオイルに置き換えても作れる。

  1. オートミール粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておく。無塩バターを溶かしておく。
  2. 卵をボウルに割り入れ、ココナッツシュガーを加えてすぐに泡立て器で混ぜる。砂糖のざらざらがなくなるまで。
  3. 牛乳とバニラオイルを加えてよく混ぜ合わせる。
  4. ふるった粉類を加え、ゴムベラで混ぜる。
  5. 溶かしバターを加えて混ぜ合わせる。
  6. フライパンにココナッツオイル(分量外)を塗り、小さめの丸型に生地を落として中火で焼く。蓋をして片面を焼き、きれいな焼き色になったら、ひっくり返し、また蓋をして焼き上げる。

 

 

Print Friendly

オートミール粉パンケーキ」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: グルテンフリー・アップルクランブル

  2. ピンバック: 生のりんごと自家製クランブルミックスで作るグルテンフリー・アップルクランブル

コメントを残す