レアチーズケーキ

image

ついに我が家のオーブンが狂い始めました。

200度に設定しているのにずっと150度以上あがらない。少し前から怪しかったので、オーブン庫内温度計で確認をしながら、だましだまし使っていたのだけど、一度180度にあがったはずなのに、クッキーを焼いているうちに130度に下がっているし、つまみの設定は220度なのに150度がずっと続くと、もはやオーブンがいけないのか、庫内温度計が狂っているのか(苦笑)

有料修理か、別機種か、悩むところ。

そんな信頼できないオーブンを横目に、レアチーズケーキを作りました。もともとグルテンフリーなお菓子だから、特に書き出すこともないのですが、スポンジ部分やグラハムクラッカーの生地は使わず、チーズクリームの部分のみ。甘みはもちろん生ハチミツ。

上には砂糖不使用のマンゴージャムを少し煮詰めて。

image

クリームチーズと生クリームのほかに、水切りヨーグルトを入れます。

image

ヨーグルトの水切りは、ペーパータオルをしいたザル、もしくはコーヒーのドリッパーにペーパーフィルターをセットした状態で作ります。水受けのボウルを下に用意し、ラップをしてから冷蔵庫に入れておきましょう。

最低6時間ほど水切りして、約半量になれば使い頃。濃厚になり、でもクリームチーズよりさっぱりで、このままハチミツをかけて食べたり、オリーブオイルを添えたりしても美味しいです。

そして家で作るお菓子には、ゼラチンを極力ひかえます。固まるというより、生クリームがだんだん流れてこない程度。この柔らかさが、作りたてを食べるおうちならでは、かなぁ。

image

まるでチーズ風味のクリームを食べているような柔らかさ。フルーツを添えてどうぞ🎶


レアチーズケーキ

 

  • クリームチーズ 150g
  • 生ハチミツ   40g
  • 粉ゼラチン   小さじ2/3
  • 水       大さじ1.5
  • レモン汁    大さじ1
  • 水切りヨーグルト 100g (プレーンヨーグルト約200gを6時間ほど水切りしたもの)
  • 生クリーム    150g
  • トッピング: お好みのジャム適量

*粉ゼラチンは分量の水に振り入れ、ふやかしてから湯煎か電子レンジで溶かしておく。*生ハチミツも別容器に入れ、湯煎か電子レンジで溶かしておく。

  1. クリームチーズを電子レンジに軽くかけて、扱いやすい柔らかさにしてから、泡立て器でなめらかになるまで混ぜる。
  2. 生ハチミツを加え混ぜる。
  3. ゼラチンを加えて混ぜ、レモン汁、水切りヨーグルトの順に加え、都度しっかりとなめらかになるまで混ぜ合わせる。
  4. 生クリームを別のボウルで8分立てに泡立てる。(3) に加えて、ゴムベラで混ぜ合わせる。お好みの型に流し入れて、冷蔵庫でしっかり冷やす。
  5. トッピングのジャム:小鍋にジャムと少量の水を入れて混ぜてから火にかける。(今回は大さじ3のジャムに対して水10mlほど)軽く煮詰まったら、火からおろして冷ましておく。

今回、私は表面をわざと滑らかにせず、波立たせたかったので、まず (3)の段階でボウルを氷水に当てて冷やし、さらに生クリームを加えた後も氷水に当てて冷やして、少しぽってりとしてきたところで器に入れました。逆に氷水に当てずに (4) の後すぐに器に入れると、表面が画像よりも滑らかに仕上がります。

飾り用のジャムも、画像の場合は、少しチーズクリームの表面を冷蔵庫で固めたあと、冷ましたジャムをポトポトおとし、竹串で筋をつけてから冷蔵庫に戻しいれています。


 

 

Print Friendly

レアチーズケーキ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: アーモンドケーキ

コメントを残す