キッチンリフォーム(リフォーム会社)

リフォームできっと一番大事なことは、どこのリフォーム会社にするかじゃないかなぁ。小さな買い物ではないので、どれだけ本音を伝えられてそれに応えようとしてくれるか。良いと思うもの、妥協点などこちらの意見を良しとしてくれるか。

雑誌掲載のおしゃれな建築事務所に直接連絡をして来てもらい、図面を起こしてもらったこともあるし、近所のリフォーム会社何件かに来てもらって理想を伝えたこともあります。他のショールームで見積もりを出してもらったことも一度ではなく。でもやはり自分がどうしたいかが決まっていないと、うまく伝えられず、お任せにして出来てきたプランが自分好みにならないのは当たり前で、ずっと決定に至らないままでした。

今回はかなり明確になっていたので、まずショールームで紹介してもらうことにしました。信頼ができるという点で安心だし、あいだにショールームの担当者がいるのは気持ち的にも楽。紹介業者が合わなければ工務店を探せば良いと思っていました。{(1)信頼されている大手(2)地域密着型の小規模な会社(3)ショールームの人たちもお世話になるという中間どころ} の3社からの連絡を待ちます。

まず(3)は連絡をしてくれる時間帯がいつも夜で、私は夜はレッスンが入っていたり家事があって電話を受けられないことが多く、一度も話すことないまま消滅(笑)。(1)は大手すぎるからか二人で来るからなのか、都合が合わせにくく時間がかかったものの、来て見ていただきました。希望を伝え、見積もりとプランを作ってもらい、再度こちらの希望を伝えて変更してもらい、、、と何度かお会いしたけれど、どうしても話が通じなかった。

結果、大手とのやりとりの倍以上、電話連絡をくれて足繁く通って希望を聞き入れてくれた(2)住宅リフォーム神奈川にお願いすることになりました。

HPに格好いいリフォーム事例がたくさん載っているところが良いように思いがちですが、こちらのHPはちょっと寂しい(笑)でも店長の佐藤さんが見せてくださったノートパソコンに入っているリフォーム事例は実績を十分に示していたし、何よりも話を全部聞いてくれた。その上で、

リフォームというよりリメークに近い形ですね。うちは得意です。と。

我が家のキッチンは使いづらいところが多々あるものの、きれいに保てているほうだと思っていたので、壁のタイルを残したいというのと、ダイニング側のカウンターも再利用したいと伝えました。

察するに、全部一度撤去してからドドーーンと新しいキッチンを入れたほうがやりやすいのだと思うのです。タイル壁を残すのは断られたこともあります。だけど、オリジナルのタイル壁がとても気に入っていたので、取り払ってツルンとしたキッチンパネルに変えたくはない。またカウンターもまだまだ使える状態だったので、設備が関係ないダイニング側は保存したかった。

なんどもプランを書き直していただき、私がショールームに出向く度に伝える変更点を取り入れ、私の素人画で希望を伝えるとそれを実現するためのアイディアを出してくれて、、、しかもこのやりとりがスピーディー。

そのあーでもない、こーでもないと変更を加えたプランもいよいよ決定し、工事開始。

ガンガン上から壊してしまうと、タイルが割れる可能性があるということで、下のキャビネットから順に取り壊し。いざ刻まれて処分されていくと、十数年、よく働いてくれたなぁと感謝したくなる思いでした^^

ダイニング側のカウンターも残して、収納部を撤去。

きれいにタイルが残りました(感動)

 

Print Friendly

キッチンリフォーム(リフォーム会社)」への2件のフィードバック

  1. 木下智嘉子

    やはりリフォームをどこでお願いするかは重要になってくるんだね。もうそこで力つきそう・・・リフォームって決めることの連続だと思うけど、丁寧なもの選びやぶれない価値観があるから取捨選択がしやすいのかな。なんだかいろいろ人生にも通じてそうでキッチンリフォーム奥が深いなあ・・有能なキッチンエイドたちはどこへいったの?もしかして収納されてるの?

    返信
    1. Kana 投稿作成者

      そうなの、選ぶ事だらけ!! こだわりたい部分とここはいらない、という部分を繰り返し伝える感じよね。この部分の感覚が似ているリフォーム会社とか担当者であることが大事だと実感したよー。キッチンエイドだけは、腰を痛めてから使いづらくなって(10kgあるの!)しまってあるけど、他の家電はちゃんとスペース確保したよ!気に入っている部分だから、記事にもするわ〜

      返信

コメントを残す