スライサー、グレーター、フードプロセッサー

キャロットケーキを作るのには、フードプロセッサーではなく、グレーターでおろすのが良いと前の記事に書きましたが、人参はどれくらいの大きさになるのかが見たいという声がありました。

それならば、せっかくなのでグレーター、スライサー、フードプロセッサーなどなど、スライスしたりおろしたりする道具を全て羅列してみましょう🎵

グレーターは、前回も書いた通り、OXO オクソー グレーター・スライサーセットを使っています。

カラフルな道具は好きではないんだけど、セットになっているもので、(バラバラと収納するのが苦手)自分が必要なものが揃っていること、逆に無駄なスライサー類がないこと、受け皿があること、滑り止め付き、指ガード付き、持ちが良いこと(これは使ってみないとわからないけど、OXOへの信頼^^)、などの条件が合いました。

キャロットケーキとズッキーのケーキを作る際に使うグレーターがセットの中の黄色いものです。千切りのものよりも面が平たく、ザラッと仕上がります。仕上がりはこれくらい。

これがケーキに入れる野菜には必要。きれいな面の千切りスライサーでは水分が上手く出てくれません。

チーズのすりおろしにもこのサイズを使います。

野菜の皮むきと、リボン状のキャロットサラダなどにするのは、貝印セレクト100のピーラー。

これは形も使い勝手もデザインも大好きで(ついでにお値段も好き^^)、買い替えもこれに決めています。

リボンサラダはこんな風に。

今、野菜をくるくるとリボン状に削ってくれる道具があるけれど、専用の道具がなくても大丈夫。コツは人参を回しながらピーラーで削っていくことで、断面が幅広くなりすぎないようにします。こうやって人参サラダにすると、お箸で食べやすい!

フードプロセッサーは、もともとバーミックスを持っていたので、それに合わせて買ったスライシー。

これはバーミックスをすでに持っていて、電気コードのついたものをさらに買い足したくない場合はおすすめします。逆に、これを買うために、バーミックスをわざわざ買う必要はない(そんな人、いないかな…笑)

コンパクトだけど十分なパワーがあり、仕上がりも満足、軽くて収納もしやすいです。容量が少なめですが、いつも2、3人前で作る私にとっては十分な大きさ。

だけど、、、なにぶんプラスチックのボウルなので色がどんどん染みて取れなくなってきました。硬いものが高速でボウルに当たるのだから傷がつき、そこに着色。さらにボウルの内側が取り外し可能になっていて、洗いやすいのは良いものの、少しずつ変形してきてしまって。

フードプロセッサーは私にとって必要な道具なので、長年使ったバーミックススライシーに変わるものをリサーチ中。

最後に、硬いチーズをおろしたり、レモンの皮やチョコをすりおろすのは、絶対にマイクロプレーン。

かれこれ何年使ってるかなぁ、Microplane社が最初に出した時からのファンです。柑橘類の皮も硬いチーズもフワッフワ。本当に刃が丈夫で切れ味の良さが続きます。それはもうびっくりするくらい。

初代からハンドルなしのタイプを使っていて、不便はしていないのですが、断然ハンドルがある方が、力は加えやすいですよね。でもハンドルなしだと見た目がすっきり。

次はハンドルありにしようかな、どうしようかなぁ。

以上、すりおろしシリーズでした🎵

Print Friendly

スライサー、グレーター、フードプロセッサー」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: キャロットケーキ(グルテンフリー&グレインフリー)

コメントを残す