Halloween デコレーション

fullsizerender-241

 

季節の飾りは、家中を飾り立てるのではなくて、コーナーだけシンプルに作って気分を盛り上げたいなと最近は思います。

ハロウィンが盛んなアメリカで思春期をずっと過ごしたのに、典型的なハロウィンイベントが苦手。

血もお化けも虫もグロテスクなものも全部苦手だからかなぁ(ハロウィンがらみ、全部…)。ハロウィンのお菓子も、食べる気がなくなるようなのは絶対作らない(笑)

どんなイベントでも、飾りはシンプルで、あたたかみがあって、洗練と可愛いの間くらい。食べ物は見た目で「食べたい」と思わせ、食べてしみじみ美味しい、と思えるもの。

こんな理想はずーっと変わらないものなんだなぁ。

img_6391

 

観賞用かぼちゃを3色、近所のお花屋さんで買います。

img_6372

 

きらきらビーズが貼り付けられたパンプキンは、15年もの。ビーズがどんどん落ちてきているけど、まだまだ現役。

キャンドル立ては実はクリスマス用。スウェーデンのクリスマスに窓辺へ飾る三角形のキャンドル立ての一種です。黒ベースのハロウィンコーナーにしたかったし、秋も深まれば飾りを兼用してもいいはず。

fullsizerender-240

最近は Flying Tiger でキャンドルを買います。色のバリエも豊かで値段もお手頃なだけじゃなくて、サイズがぴったりだから。長いキャンドル用のスタンドは、実は直径に合うものを見つけるのが大変なのです。

ところで、キャンドルは気持ちの余裕がないと灯したりしない。よく、キャンドルを灯して心を落ち着けよう、といいますが、私は逆。キャンドルで癒されるのじゃなくて、穏やかだから灯す。ちょっと日が暮れたらキャンドルに火をつけよう、と思う日は、私の心が平穏な証拠なのです。だから、最近、キャンドルを買い足さなきゃいけない状態が続いているので、嬉しい。

 

img_6373

 

夫に公園で落ちている枝を見つけてきてもらいました。大きめの花瓶に立てるつもりが、大きすぎたので、天井から吊るしてみました。枝を使ったデコレーションは、もともとスウェーデンのイースターの定番。ちょうど街路樹を切り揃える時期に、落ちているものを拾ってきて卵の飾りを吊るす。木の枯れた雰囲気は秋の飾りにも使えると思って。

子供の工作用にあった黒のフェルトを葉っぱの形とコウモリに切り、二枚セットをボンドで貼り付けただけ。

Halloween のバナーは、きっとお気づきの方もいるはず。ダイソーです。

 

img_6370

 

うん。これで満足。ワンコーナーでも気分がガラッと変わる。これくらいが、今はちょうど良い。

 

 

 

Print Friendly

Halloween デコレーション」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: Happy Halloween

  2. ピンバック: 人生を味わいつくす

コメントを残す