抹茶グラノーラ

抹茶味のグラノーラ

グラノーラが抹茶味というだけで、どうしてか幸せになります。グラノーラはいつも茶色いので、見た目の変化が嬉しいのと、やはり抹茶の香りはたまらないですね。

これからイチゴが出回る季節だから、抹茶グラノーラ&ストロベリーは絶対に定番になります。

待ち遠しい!

グリーンがきたらレッドを合わせたいので、ドライラズベリーと合わせたグラノーラパフェ。

ドライゴールデンベリーを添えました。パイナップル果汁で甘みがつけられているので、自然な美味しさです。甘酸っぱいのがグラノーラやヨーグルトにぴったり。

 

先日、お友達に「どこまで材料を減らして大丈夫?」と聞かれたので、最低限を探ってみました。いつもは、組み合わせが変わっても、必ずナッツ類とシード類を入れてから焼くところを、オートミールにだけ、はちみつとオイルを合わせたものを混ぜて焼いてみたのです。

うーむ。確かにオートミールはサクッとして味もつきますが・・・グラノーラはカリッとした食感や口の中に入れた時にいろいろな素材が広がる美味しさが必要なので、やはりオートミールのみはシンプルすぎました^^;

特に素材同士をくっつけるための小麦を使わないので、塊の美味しさというのはないのです。だからこそ、素材の種類はあったほうが美味しいです。だから、少なくとも

オートミール・ナッツ・シード(かぼちゃの種、ひまわりの種、ゴマなど)は組み合わせて焼いてくださいね。

基本のレシピはこちら。ここに抹茶を加え混ぜて焼くだけだから、とっても簡単。焼き色がつき過ぎると、抹茶の香りも飛んでしまうので、少し気をつけてオーブンの中を見て下さい。

ところで、お菓子作りに抹茶を使う時は、製菓用抹茶を使うと色あせが少なく、だまにもなりにくく、香りもしっかり出て美味しくできます。お抹茶を入れるためのものは、飲む時にとっておきましょう。

Print Friendly

コメントを残す