レシピ:プレーン・グラノーラ

image

グラノーラが大好きです。オートミールが好きです。高校時代は家でオートミールをおかゆにして食べていたのが、学生寮の朝食では、グラノーラに変わり、ドライフルーツとナッツがミックスされたものにスキムミルクをかけて食べるのが定番でした。

今や日本でも注目されて人気ですが、買うとなると一袋が高い上にいらないものが入っていたりする。作るのはとても簡単なので、好きなものだけ、家にあるものだけで焼き上げたミックスをせっせと食べます。オートミールは栄養価が高く、血糖値を下げる効果もあり、毎日の食事に取り入れない手はない。

本音を言えば、ゴロッと塊のあるグラノーラが好きです。手でスナック代わりにつまめるような。でもそのためにはつなぎの小麦粉が必要なので、あえて入れません。小麦はパン食でしっかり摂ってしまうので、グラノーラの時くらい小麦抜きにしたいのです。

それでも少し塊を作る方法は、天板の大きさをこの分量がびっしり敷き詰められるサイズにして、ギュッと押し付けるように入れます。オーブンに入れてからは、途中で返さずに焼き上げ、少し冷めるまで天板で冷ましてみてください。

ナッツの組み合わせ、ドライフルーツの種類(省いてもOK)は自由ですが、オートミールとココナッツロングは分量をキープしてください。油とハチミツとのバランスが合わなくなります。

グラノーラはとにかくたくさん試してきたので、お気に入りがいくつかあります。まずはプレーン味からご紹介。

Happy Baking!

グラノーラ(このレシピの改訂版があります)

  • オートミール                        2カップ
  • ココナッツロング                1カップ
  • アーモンド (ホールなら砕く。スライスでも可)
    1カップ
  • ひまわりの種                     1/4 カップ
  • かぼちゃの種                  1/4 カップ
  • お好みのドライフルーツ    1/2 カップ
  • はちみつ                                 1/4カップ
  • サラダ油                                大さじ6
  1. はちみつが冷えて固い場合、あたためてからサラダ油と合わせておく。
  2. オートミール、ココナッツ、アーモンド、ひまわりの種、かぼちゃの種を合わせたところに、(1)を加え、ゴムベラで混ぜ合わせる。
  3. オーブンペーパーを敷いた天板に広げ、160度のオーブンで30分、途中2回ほど大きく混ぜて、まんべんなくきつね色になるまで焼く。
  4. 粗熱が取れたらドライフルーツを加える。
  5. 密閉容器に入れて保存。

 

 

Print Friendly

レシピ:プレーン・グラノーラ」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: レシピ:グラノーラ・オンリーナッツ | Kana's Place

  2. ピンバック: レシピ:グラノーラ・オンリーナッツ – Kana's Place

  3. ピンバック: プレーン・グラノーラ(改訂版)

コメントを残す