グラノーラ・バー

グラノーラのレッスンを開催した際に、塊を作るにはどうすれば良いですか?という質問があり、オートミールの一部を砕いて粉状にすればできますよ、と答えました。

グラノーラのボックスを開けると、ゴロンゴロンとはいっている塊。あれを手で食べるのが美味しいんですよね〜 スプーンを使うのは、最後の方のポロポロになったものを食べる時だけ^^

ところがこの塊を作っているのは、接着剤の役割を果たしてくれる小麦のおかげなので、私の書いているグラノーラはグラノーラ・オンリーナッツも、プレーン・グラノーラも、塊にはならないものです。ただ、プレーン・グラノーラはオートミールの半量をフードプロセッサーで砕くことで、小麦の代わりになるので、塊がつくりやすくなります。

でも、出先でパクッと食べたいというリクエストもあり、それなら塊と粉状のミックスより、バーになっていたほうが良いよね?!とプレーン・グラノーラの材料も分量も変えずに作る方法を考えました。

51880B75-CFAF-474B-BC2D-425C816A70A9

と出来上がった、グルテンフリーグラノーラ・バー。

 

オートミールやナッツを粉砕し、液体を加え、小さめの型に入れたらギューッと押し固めてからオーブンで焼く。食べやすいサイズに切って、チョコとドライフルーツで味にアクセントを。

1F54C640-9134-46CE-96D4-8D109CFA7AB5このように小さく切るお菓子は、私は思い切り小さく一口サイズに切ります。2−3口サイズだと、食べる時にポロポロとこぼれてしまう。袋詰めにする時も、大きいの1個より小さいのを数個。見た目にインパクトがあるのは、少し大きめサイズなんですけどね…

6B251469-DF17-4277-815E-7A00D45F354B

さて、リクエストで作ったというのに一番喜んでいるのは私かもしれません。パクッとつまめるグラノーラがなんとも嬉しい。娘も学校に持って行き、お弁当のあとのデザートとしてお友達と食べたらしいです。ポロポロのグラノーラじゃできないですものね。

これが、「袋入りナッツを持ち歩く」のではなく、「クッキーを持ち歩く」のでもない、その間のグラノーラってところが味噌なんだなぁ。と満足しているのです。

 

Print Friendly

グラノーラ・バー」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: バースデーパーティーの記録

コメントを残す