グルテンフリーケーキ グルテンフリーオレンジケーキ グレインフリーケーキ

地中海風オレンジケーキ

地中海地方のお菓子に、丸ごとオレンジをコトコトと煮てからミキサーで潰し、ケーキ生地に混ぜ込んで焼くというオレンジケーキがあるのだそうです。ネットにたくさんレシピが出回っているのだけど、どれも同じようにオレンジを煮て、皮も種も全部潰して混ぜ込む豪快な作り方。材料も砂糖・卵・アーモンドパウダーと本当にシンプルで、長く愛されてきたお菓子だということがわかります。

国産のオレンジがいろいろと出回るようになり、グレインフリーのオレンジケーキを作りたいなぁと試作を繰り返しました。

地中海のレシピのように、できるだけ材料のリストを短くして、味もシンプル&ストレートにオレンジ!というものに仕上げたかった。そして作りやすいように、丸ごとオレンジを煮なくてもオレンジの香りが活きてくるのが理想です。

オレンジの美味しさは皮の苦味にあると思っているので、オレンジピールを入れたい。もちろん、オレンジの皮を柔らかくなるまで茹でたものを使っても良いのですが、手間を省くために、今回はオレンジピールを使用しました。

ちなみに、いまたくさん国産のオレンジが手元にあるので、皮はむいてから
1)表面のみすりおろしたもの
2)白いところも取り除いて、千切りにしたもの
3)白いところは少し残して、柔らかくなるまでゆでたもの
の3種類にわけて冷凍しておきます。いつでもたっぷり使えるように。

生地は少しパラッとしているのがこのケーキにあうから、あれこれ中和せずにアーモンドパウダーのみです。生地をきめ細かく詰んだものにしようと、他の粉類を混ぜたアレンジをしたら、全く美味しくなかった。面白いなぁ。

ココナッツオイルとはちみつはいつもの組み合わせ。

そして焼き上がりのまだ温かいケーキに、こちらも温かいオレンジシロップをたっぷり染み込ませて。ケーキはほんのり温かい状態でも、しっかり冷やしても美味しいです。

グルテンフリーの食材がどんどん増えて、手に入る粉や素材の種類が増えているのは嬉しいこと。でも、いろいろと手を出してしまうと、5gのこれと10gのあれと、、、とプラスするアレンジばかりしたくなってしまう。もっともシンプルな配合と作り方が実は一番おいしいケーキもたくさんあることに改めて気づく一品になりました。

Happy baking 🎵

オレンジケーキ(グレインフリー)直径15cm底の取れる丸型

アーモンドパウダー 100g
塩  小さじ1/4
重曹 小さじ1/4
ココナッツオイル 20g
はちみつ 40g
卵 (Lサイズ) 2個
オレンジ絞り汁 大さじ1
オレンジの皮のすりおろし 1個分
オレンジピール 20g
シロップ:
オレンジ絞り汁 大さじ1.5
はちみつ 15g
オレンジの皮 少々

アーモンドパウダー、塩、重曹は合わせてふるっておく。
ココナッツオイルは固まっていれば湯煎で溶かしておく。
オレンジピールは大きければ7mm角くらいに刻んでおく。
オーブンは180℃に余熱。型の側面と底にオーブンペーパーを敷いておく

  1. ボウルに卵を入れて溶きほぐし、はちみつを加えてよく混ぜ合わせる。ココナッツオイルも加えて均一になるまで混ぜる。
  2. オレンジの絞り汁、オレンジの皮のすりおろしを加え混ぜる。
  3. 合わせておいた粉類を一度に加え、満遍なく混ぜ合わせる。刻んだオレンジピールを最後に加えて、ゴムベラで合わせる。
  4. 型に流しこみ、オーブンで25分〜30分、中心に刺した竹串に生地がついてこなければ焼き上がり。
  5. 型のままラックに出し、5分おいておく。その間にシロップを用意する。オレンジの絞り汁とはちみつとオレンジの皮を小鍋に合わせて火にかけ、軽く沸騰させてから火を止める。
  6. ケーキを型から外し、シロップを全体にうつ。

Print Friendly

地中海風オレンジケーキ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 新生姜のケーキとおすすめココナッツオイル

コメントを残す