キャロットケーキ(グルテンフリー&グレインフリー)

理想の食感♫ グルテンフリー&グレインフリー(穀類不使用)キャロットケーキ

高校時代、習っていたピアノの先生のお宅でクリームチーズフロスティングがたっぷりとのったものをいただいて以来、キャロットケーキは大好物。人参をすりおろしたのも、フードプロセッサーにかけたもの、パイナップルの缶詰を加えたものなどなど、

様々なレシピで作ってきました。バナナブレッドのように、アメリカではパンとケーキの間に位置付けられているキャロットケーキやズッキーニブレッド類は、パウンド型で焼くのがお決まりです。

 

グルテンフリーキャロットケーキ

そして10数年前に知り合った方のお宅では、丸いケーキ型で焼かれていて、お茶の時間までガラスのフードカバーの中で保存されていました。パウンド型から丸型に変わるだけで印象もガラッと変わり、さらにはその味のトリコになり、レシピを教えていただきました。メールに添付されてきたレシピには「沖縄のジミーに教えてもらったキャロットケーキ。フロスティングが美味しい!」というタイトルがついていて(笑)その通り、クリームチーズと粉砂糖と牛乳だけで作るフロスティングが絶品だったのです。

グルテンフリーキャロットケーキ

昨年グルテンフリー生活をはじめてすぐに作りたかったのも実はキャロットケーキで、どんだけ好きなんだ?!という感じですが、これがなかなか難しく。ベチャッと仕上がるか、もっそもそか、、、がっかりすることばかり。

でも、アーモンドパウダーのしっとり感と、余分な水分を吸ってくれる大豆粉を組み合わせることで、とっても美味しいキャロットケーキが出来上がりました。

材料について

普段の食事で穀類は十分にとっていることから、お菓子のレシピは主にグルテンフリー&グレインフリーを目指しています。だから米粉(穀類)も、「米粉でなければ美味しくできない」という時に限って使います。このキャロットケーキも、米粉は使いません。そのかわり、それぞれの材料に少しだけこだわっています。こだわり=高級なもの、ではなくて、お手頃だけど粒子の細かさや風味がお菓子作りに適していて、美味しくできるものというこだわりです。

アーモンドパウダーは皮なしの軽い仕上がりのもの。私は富沢商店のこちらを買います。

大豆粉は、近所でも手に入るようになり、使いやすくて常備している「みたけ そのまま使える大豆粉」。これが独特の匂いも少なめで、粒子が細かく使いやすいです。

ケーキとフロスティングに使うてんさい糖も最近出回るようになってきた大東製糖の「てんさいのお砂糖」。今までのてんさい糖は粒が大きく溶けにくいものだったのですが、これは細かくてサラサラ。そしててんさい糖独特の香りも控えめです。成分表示がちょっとわかりにくかったので、メーカーに問い合わせてみたところ、100%北海道の甜菜からとれた成分のみで作っているとのことでした。
食材の選択肢が身の回りで増えていくのは本当に嬉しいことですね。ちなみに、フロスティングの配合はギリギリまで砂糖の使用量を減らしています。もう少し甘いのが好みの方は増やしてくださいね。

キャロットケーキの人参はすりおろして!

家庭で作るお菓子は、省ける手順を徹底的に省くべし!と思っていますが、キャロットケーキの人参だけは手作業ですりおろす必要があります。何度かフードプロセッサーで細かく砕いたものを入れてみましたが、ダメなんです。人参の食感が変わるだけじゃなくて、ケーキ生地の食感まで別のものになってしまう。ここは頑張ってグレーターを使いましょう^^ おろし金も、千切り用ではなく、粗めのおろし金が美味しくできます。

うちにあるのは、OXOのグレーター・スライサーセットで、こちらの黄色いのを使います。

おろした状態の人参はこれくらい←グレーターやスライサーについて別記事に書きました。

グルテンフリーキャロットケーキ

私は食感の変化が欲しいので、カリッとしたクルミをたくさん入れたい派。娘はクルミなしで、しっとりのキャロット生地とフロスティングのみを食べたい派。だからいつも最後の最後まで、今日はくるみを入れようかどうしようか、迷います。皆さんはどちら派かな?

Happy Baking!

キャロットケーキ(グレインフリー)

18cm パウンド型もしくは直径16cmの丸型1台分

  • 全卵              2個
  • てんさい糖        30g
  • はちみつ         20g
  • レモン汁         小さじ1
  • ココナッツオイル     30g
  • 粉類
    アーモンドパウダー    55g
    大豆粉            55g
    ベーキングパウダー    小さじ1/2
    重曹             小さじ1/4
  • 牛乳(豆乳)         大さじ1
  • すりおろしにんじん   100g
  • くるみ         1/2カップ
  • シナモン        小さじ1
  • フロスティング
    クリームチーズ    100g
    てんさい糖       30g
    バニラオイル        10滴

パウンド型にはオーブンペーパーを敷きこんでおく。はちみつとココナッツオイルが固ければ、湯煎などであたためて液体にしておく。粉類は合わせてふるっておく。オーブンは180℃に余熱しておく。

  1. にんじんを粗めにすりおろす。くるみは弱火にかけたフライパンで5分ほど混ぜながら炒って、粗めに刻む。
  2. 卵をボウルに溶きほぐし、てんさい糖を加えて泡立て器でしっかり混ぜ合わせる。
  3. はちみつ、レモン汁、ココナッツオイルも加えて満遍なく混ぜ合わせる。
  4. ふるっておいた粉類を一度に加え、ゴムベラに持ち替えて混ぜる。
  5. 豆乳を加えて少し生地をのばし、にんじん、くるみ、シナモンを加えて均一になるまで混ぜる。
  6. 用意した型に入れ、オーブンで25分、刺した竹串に何もついていないことを確認して、オーブンから出す。粗熱が取れたら、型から出す。
  7. フロスティングを作る。クリームチーズを耐熱ボウルに入れ、レンジか湯煎で溶けない程度に柔らかくする。てんさい糖を加え、しっかりと泡立て器で混ぜ合わせる。バニラオイルも加えて混ぜる。
  8. キャロットケーキの粗熱がとれたら、フロスティングを塗る。

Print Friendly

キャロットケーキ(グルテンフリー&グレインフリー)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: スライサー、グレーター、フードプロセッサー

コメントを残す