いちじくのアーモンドクリーム焼き

たくさん書きたいことが溢れているのに、書き出せない。でも優先順位をつけるとすると、やはり季節のフルーツが美味しいうちに焼いて欲しいお菓子のレシピがトップになります。

ちょうど良く熟れたいちじくは、買ってかえるとすぐ食べたい気持ちを少しだけ我慢して、この時期にしか味わえない焼き菓子を作ります。

ベースはアーモンドクリーム。タルトに敷き込むアーモンドクリームは、そのまま焼くとしっとりとした焼き菓子になります。サクッとした土台のタルトとの組み合わせが大好きなのは変わらない。

でも季節のフルーツとアーモンドの組み合わせなら、何も変更せずにグルテンフリー&穀類不使用。一緒に焼くフルーツから出る果汁でその美味しさも倍増です。

アーモンドクリームの配合は、卵の分量が55gとか、60gとか本とレシピによって色々あります。

imageでも私は、まずその日に使う卵を割って重さをはかり、それを1として、卵:無塩バター:アーモンドパウダー:ハチミツの割合を、1:1:1:0.5 とします。こうすれば、中途半端に卵が残ったり、足りなかったりしないから。家庭菓子は無駄のないようにね。ハチミツはかなり甘さ控えめの0.5ですがこれはお好みで、増減してください。

クリームに、いちじくと相性の良いシナモンを加えています。あればオールスパイスを一振り、も美味しい。

日本のいちじくはみずみずしいので、焼き時間を長めにしてじっくり果汁を出します。輪切りにして、なるべく広い面が火にあたるようにしたのも、このため。

image

クリームが余りそうだったら、アルミのマドレーヌ型で焼いておきましょう。大きなお皿だと食べ残した後の見た目が残念な感じになるけど、ミニサイズなら翌日も見た目&味ともに楽しめますね。

焼き上がって粗熱が取れたらすぐにでも、冷蔵庫でしっかり冷やしても美味しいです。ぜひ固めに泡立てた生クリームを添えて。

Happy baking 🎶


いちじくのアーモンドクリーム焼き (グルテンフリー、穀類不使用、白砂糖不使用)
  • 全卵 1個 (まず割って重さを測る)
  • アーモンドパウダー 卵と同じ重さ
  • 無塩バター 卵と同じ重さ
  • 生ハチミツ 卵の重さの半分
  • シナモン 小さじ1/2
  • いちじく 2個
  1.  無塩バターは室温に戻しておく。アーモンドパウダーはふるい、卵はといておく。オーブン用耐熱容器に薄くバターかココナッツオイル(分量外)を塗っておく。オーブンは170℃に余熱。
  2. いちじくの皮を薄く剥き、7-8mm 厚さの輪切りにする。
  3. ボウルに無塩バターを入れ、泡立て器でなめらかになるまで混ぜる。生ハチミツを加えて混ぜ合わせる。
  4. といた卵の半量を加えて、しっかり混ぜる。アーモンドパウダーの半量も加える。
  5. 残りの卵、アーモンドパウダーの順に加えて、均一になるまで混ぜ合わせる。シナモンを加えて混ぜる。
  6.  耐熱容器にアーモンドクリームを入れ、ゴムベラで表面を平らに整える。いちじくを並べる。
  7. オーブンで30分、しっかりといちじくから果汁が出るまで焼く。途中、焼き色がつきすぎるようなら、少し温度を下げる。
  8. オーブンから出し、ラックで粗熱を取る。

Print Friendly

コメントを残す