ドライフルーツブレッド(グルテンフリー・穀物不使用)

img_5988

写真のパンはドライいちじくを入れた食パン。

我が家の定番のパンは、練りゴマとココナッツフラワーで作ったもの。

グルテンフリー食パン

小麦の白い食パンに変わるものとして、バター、ジャム、はちみつがよく合い、ハムやスモークサーモンを載せたりしてもいただきます。いわゆる食パンとは違うものの、レシピから想像するパウンドケーキとも違う。おそらく最初は違和感があったであろう家族も、いまでは当たり前のようにこれをパンとして食べてくれているから、ありがたい。

img_3722

でもレーズンパンのように少し甘みのあるフィリングをいれて焼く時は、練りごまとケンカするので、試行錯誤の結果、ナッツバターを代わりに使うことに落ち着きました。

白くて味の主張が強くないカシューバターやマカデミアバターが一番だけど、アーモンドバターやピーナッツバターでも美味しい。手に入るなら、無糖のものをお使いください。無糖でない場合は、レシピのはちみつをカットすると良いですよ。

img_5986

いちじくのパンには、砂糖不使用のりんごジャムがぴったり。秋気分を味わえます。ドライフルーツの種類や組み合わせを変えれば、これからの季節に合うレーズンとオレンジピールや、色を意識してクランベリー入りなど、バリエーションが広がります。それから、すぐにでも試そうと思っているのがチョコブレッド。

実は最近お友達が、ナッツバターだけで作るクッキーを、チョコレートナッツバターで焼いてみたら美味しかったと教えてくれました。ナッツ&チョコの組み合わせは良くあるけど、試したことがなかったので、新たな発見です。チョコナッツバターで食パンを作ってみたら絶対美味しいはず!チョコブレッド〜

わ~~ワクワクしますっ

最近、「作ってみたよ」とインスタやFBのメッセージをもらうことが増えてきて、うれしいです。それぞれが加えたアレンジの結果も教えてくれるので、シェアする方法を考え中。家庭で作るものは、それぞれの家にあるものでアレンジしながら仕上げていくのが理想。だから、それでも美味しくできる、懐の広いレシピを書けていればいいなぁ。

Happy baking🎵


ドライフルーツブレッド(小麦・穀類・白砂糖不使用)

  • ナッツバター*1           120g
  • 全卵                            2個
  • 卵白                            1個分
  • 生ハチミツ                   12g
  • 牛乳                             大さじ2
  • レモン汁                       小さじ1/2
  • ココナッツフラワー       20g
  • 重曹                              小さじ1/2
  • 塩                                  ひとつまみ
  • ドライフルーツ*2   お好みの種類と量

 

  1. 下準備:パウンド型に紙を敷き込んでおく。オーブンは170℃にセット。水(分量外)の水が入った耐熱容器をオーブンの奥の方に入れておく。
  2. 全卵2個は卵黄と卵白に分けておく。卵白のボウルに追加の卵白1個分も加えておく。ココナッツフラワー、重曹、塩は合わせておく。
  3. ドライフルーツが大きい場合は食べやすい大きさにカットする。
  4.  大きめのボウルにナッツバターを入れ、泡立て器でなめらかにする。室温が低い日はボウルごと湯煎で数秒ずつあたためて扱いやすくする。
  5. 卵黄を加え、混ぜ合わせる。さらに生ハチミツ、牛乳、レモン汁も加えて混ぜる。
  6. 別ボウルに卵白を入れ、しっかり泡立てる。このレシピでは、卵白に糖分を加えないので、固い角の立つメレンゲはできない。写真のようなソフトな仕上がりでOK。
  7. 卵黄生地にメレンゲの1/3量を加え、軽く混ぜ合わせる。合わせておいた粉類を加えゴムベラでまんべんなく混ぜ合わせる。ドライフルーツを加え混ぜる。残りのメレンゲも加えてなるべく泡を消さないように、でも均一に合わせる。
  8. 型に流し入れ、オーブンで25-35分、竹串に何もついてこないまで焼き上げる。オーブンから出して型に入れたまま5分ほど置き、型から出し、紙も破がして十分に冷ます。ラップでぴっちりと包んで冷蔵庫で保存。

*1 ナッツバターは、カシュー、マカデミアなど白くて味の主張が少ないものを使うと、ドライフルーツの邪魔をしない。特徴的な風味を楽しむなら、アーモンドやピーナッツバターも可。無糖のクリーミータイプを使う。加糖の場合は、材料のハチミツを省く。

*2 ドライフルーツの種類、組み合わせ、量はお好みで。おすすめはレーズンやドライいちじく、アプリコット、オレンジピールなど。量が多いと生地が重くてふくらまないので、散らす程度の量にとどめること。

Print Friendly

コメントを残す