ナッツのお菓子」カテゴリーアーカイブ

トレイルミックスを持ち歩く

トレイルミックス Trail Mix とは、ナッツやドライフルーツを合わせた携帯おやつです。トレイルとは自然の中にできた道、そこを歩くときに食べるミックス・・・つまりハイキングや外でのアクティビティ中に軽くつまめて栄養補給ができるものなのです。

私も学生のころ、授業の合間につまむために持ち歩いていました。様々な種類があり、基本のナッツやドライフルーツの他に、甘いものとしてM&Mチョコやチョコがけドライフルーツ、そして塩味のプレッツエルやクラッカー、おかきのようなものが入っていたりもします。

小麦と穀類を省いた食生活をしていると、外で食べるものに困る。買って食べられる軽食は小麦類のものが多いし、売店のナッツ類などはだいたい塩味つきか砂糖コーティングがされたもの。大型スーパーならトレイルミックスが手に入るけど、食べないものが入っていると悔しい。

新幹線に乗ってビールとナッツを・・という姿で食べるナッツではなく、この年になっても女子らしい(女子というのもおこがましいけど)軽食を持ち歩きたいものです^^

だから普段食べているナッツやドライフルーツ類だけを組み合わせて、オリジナルのグルテンフリー・トレイルミックスを作ってしまいましょう。

image

作るといっても、好きなナッツ類とドライフルーツ類を合わせるだけ。今日の組み合わせは、

  • アーモンド、カシュー、かぼちゃの種(全て味つけされていないもの)
  • くるみ(バナナブレッドの飾り用にココナッツシュガーがけしたものの残り)
  • レーズン、ドライイチジク
  • ベルコラーデのダークチョコ

 

組み合わせて保存瓶に入れておけば、小腹が空いたときのつまみにもなりますね。

そして最大のポイントが、

image

粗塩です。ナッツ類はローストしただけなので、味がついていません。さらにドライフルーツやダークチョコの、ほのかな甘みに塩気がつくとおいしい。汗をかいた日の塩分補給にもなります。お好みの量でどうぞ。
imageこれを小さな容器に入れ、小包装されたクリームチーズと水。私のカバンに入れておく必需品です。この季節は保冷剤も忘れずに。

ピーカンナッツ・シナモンシュガー(ココナッツシュガー使用)

{"total_effects_actions":0,"total_draw_time":0,"layers_used":0,"effects_tried":0,"total_draw_actions":0,"total_editor_actions":{"border":0,"frame":0,"mask":0,"lensflare":0,"clipart":0,"text":1,"square_fit":0,"shape_mask":0,"callout":0},"effects_applied":0,"uid":"389B5426-5441-4913-BBBD-BE8098B729D8_1467293256191","width":2448,"photos_added":0,"total_effects_time":0,"tools_used":{"tilt_shift":0,"resize":0,"adjust":0,"curves":0,"motion":0,"perspective":0,"clone":0,"crop":0,"enhance":0,"selection":0,"free_crop":0,"flip_rotate":0,"shape_crop":0,"stretch":0},"source":"editor","origin":"gallery","height":2448,"subsource":"done_button","total_editor_time":312294,"brushes_used":0}

たまには、レシピとも呼べないようなアバウトな作り方のものを一品どうぞ。

ナッツ類は封を切ったら早めに使い切らないと酸化してしまう。だから、ずつナッツが余っている時、はたまた卵白が少しだけ余ってしまったな、という時にぜひお作りください。

ナッツは生のまま、味をつけずに食べる一方で、グラノーラ・オンリーナッツにしてハチミツとの味を楽しみます。でも、フレーバー付きで一粒ずつぽりぽりとかじりたい日もあります。持ち歩きにも便利。

もともとナッツの飴がけやチョコレートコーティングしたナッツが大好きなのですが、飴がけは砂糖がたくさん必要だし、カラメリゼにしてから結晶化させなきゃいけない。さらにその上にテンパリングしたチョコレート・・・と工程が多い。

アメリカのサイトでシナモンとアーモンドを検索すると、卵白でコーティングして焼く作り方が良く上がってきます。簡単で味にバリエーションもつけやすいので、家で作るならこちらがおすすめです。

通常はもちろん、グラニュー糖で作るところを、今回はココナッツシュガーを使います。アメリカのレシピはお砂糖が多すぎるので、大幅に減らし、スパイスの量も減らして、あくまでもナッツの味を感じられる配合にしています。

思い立った時にサッと作って瓶に入れておきましょう🎶


ピーカンナッツ・シナモンシュガーがけ(ココナッツシュガー使用)

  • 生ピーカンナッツ 1カップ
  • 卵白 1/2個分
  • ココナッツシュガー 大さじ1/2 – 1(お好みで増減させてください)
  • シナモン 小さじ1

オーブンを140度に予熱しておく

  1. 卵白を軽く泡立てる。硬く泡立てる必要はない。水っぽさがなくなり、ふわふわとした泡ができれば良い。
    image
  2. ピーカンナッツを卵白に加え、全体的にコーティングさせる。
  3. ここで卵白が残るようなら、ナッツを足して調整する。ギリギリ全体に行き渡る量でコーティングするのがベスト。
  4. ココナッツシュガーをまぶし、シナモンも加えて、ゴムベラで和える。
  5. オーブンシートを敷いた天板に重ならないように並べ、140℃で40〜50分。途中でナッツをひっくり返し、カリッとするまで焼く。
  6. 冷めたら湿気らないように密閉容器で保存。