道具」カテゴリーアーカイブ

スライサー、グレーター、フードプロセッサー

キャロットケーキを作るのには、フードプロセッサーではなく、グレーターでおろすのが良いと前の記事に書きましたが、人参はどれくらいの大きさになるのかが見たいという声がありました。

それならば、せっかくなのでグレーター、スライサー、フードプロセッサーなどなど、スライスしたりおろしたりする道具を全て羅列してみましょう🎵

グレーターは、前回も書いた通り、OXO オクソー グレーター・スライサーセットを使っています。

カラフルな道具は好きではないんだけど、セットになっているもので、(バラバラと収納するのが苦手)自分が必要なものが揃っていること、逆に無駄なスライサー類がないこと、受け皿があること、滑り止め付き、指ガード付き、持ちが良いこと(これは使ってみないとわからないけど、OXOへの信頼^^)、などの条件が合いました。

キャロットケーキとズッキーのケーキを作る際に使うグレーターがセットの中の黄色いものです。千切りのものよりも面が平たく、ザラッと仕上がります。仕上がりはこれくらい。

これがケーキに入れる野菜には必要。きれいな面の千切りスライサーでは水分が上手く出てくれません。

チーズのすりおろしにもこのサイズを使います。

野菜の皮むきと、リボン状のキャロットサラダなどにするのは、貝印セレクト100のピーラー。

これは形も使い勝手もデザインも大好きで(ついでにお値段も好き^^)、買い替えもこれに決めています。

リボンサラダはこんな風に。

今、野菜をくるくるとリボン状に削ってくれる道具があるけれど、専用の道具がなくても大丈夫。コツは人参を回しながらピーラーで削っていくことで、断面が幅広くなりすぎないようにします。こうやって人参サラダにすると、お箸で食べやすい!

フードプロセッサーは、もともとバーミックスを持っていたので、それに合わせて買ったスライシー。

これはバーミックスをすでに持っていて、電気コードのついたものをさらに買い足したくない場合はおすすめします。逆に、これを買うために、バーミックスをわざわざ買う必要はない(そんな人、いないかな…笑)

コンパクトだけど十分なパワーがあり、仕上がりも満足、軽くて収納もしやすいです。容量が少なめですが、いつも2、3人前で作る私にとっては十分な大きさ。

だけど、、、なにぶんプラスチックのボウルなので色がどんどん染みて取れなくなってきました。硬いものが高速でボウルに当たるのだから傷がつき、そこに着色。さらにボウルの内側が取り外し可能になっていて、洗いやすいのは良いものの、少しずつ変形してきてしまって。

フードプロセッサーは私にとって必要な道具なので、長年使ったバーミックススライシーに変わるものをリサーチ中。

最後に、硬いチーズをおろしたり、レモンの皮やチョコをすりおろすのは、絶対にマイクロプレーン。

かれこれ何年使ってるかなぁ、Microplane社が最初に出した時からのファンです。柑橘類の皮も硬いチーズもフワッフワ。本当に刃が丈夫で切れ味の良さが続きます。それはもうびっくりするくらい。

初代からハンドルなしのタイプを使っていて、不便はしていないのですが、断然ハンドルがある方が、力は加えやすいですよね。でもハンドルなしだと見た目がすっきり。

次はハンドルありにしようかな、どうしようかなぁ。

以上、すりおろしシリーズでした🎵

キッチン家電熱

あるお仕事の関係で、二月後半はキッチンにこもりきりでした。

同時にいくつもの試作をするので、とにかくキッチンエイドが大活躍。この重い機械、普段はキッチンを広々と使いたくて仕舞い込んでいるけど、その威力はやはりカウンタートップに出しっぱなしでこそ発揮します。 続きを読む

デロンギ・コンベクションオーブンで焼くお菓子

デロンギコンベクションオーブンでどこまできれいにお菓子が焼けるのか、これは多くの方が興味あるようでいつも検索のトップに来ます。

お菓子を作る人にとっては、

  • 均一に焼けるのかどうか
  • 一般的なレシピの焼成時間と大差ないか(時間がかかりすぎる=生地が乾燥する)
  • ふっくらと仕上がって欲しいケーキはしっかり持ち上がるか
  • 一度にどれくらいの量を焼けるのか

などなど気になる点たくさん。私は2016年6月にデロンギコンベクションオーブンEO12562Jを購入してから、オーブンはこれ一つで作ってきています。なぜ、ガス/電気/ビルトイン/国内外メーカー/大型・小型 とたくさんの選択肢がある中で、このコンパクトなコンベクションにしたかは上の記事を読んでいただくとして、この記事では、様々な種類のお菓子の焼き上がり感やサイズについてお伝えします。

  • 私が作るお菓子はすべてグルテンフリー。主な粉類はアーモンドパウダー、ココナッツフラワー、オートミール、米粉。従来の小麦菓子に比べると膨らみ方が控えめです。
  • 甘味料は9割がはちみつ、残りがココナッツシュガーかきび砂糖なので、一般的な白砂糖使いのものより色は濃い目に出ます。
  • そしてほとんどのお菓子はコンベクション(熱風)で焼き上げます。

以上を踏まえた上で、

1)スポンジ

img_6432-1

薄焼き。このオーブンに入る天板の大きさは23cmまで。付属の天板は若干の凹凸があるため、薄焼きスポンジには、専用の天板にオーブンシートを敷いて使用。オーブン中段で、天板を二枚重ねにし、下からの熱のあたりを柔らかくしています。10-15分で一気に焼き上げるので、天板を途中で動かしたりはしません。コンベクションのおかげで熱がほぼ均一に渡り、焼き色も満遍なくつきます。

image

厚焼き。このオーブンを買ったその日に焼いたのが、厚焼きスポンジ。焼きムラをチェックするために、あえて型を途中で動かさずに焼きました。均等に膨らみ、焼き色もきれいについています。
2)パイ・タルト生地

fullsizerender-242

空焼きをしてから焼き上げるパイです。空焼きの段階でも、熱風が均一に当たるので、特に型を回さなくてもきれいに焼き色がつきます。アパレイユを流し込んでからもコンベクションで焼きますが、熱風が強すぎて表面が波立つことはありません。ちょうど良い強さ。フィリングの中心がまだフルフルと揺れる状態で火を止めるので、何度かオーブンを開けて焼き上がりを確認します。すぐにドアを閉めれば、さほどの温度低下はありません。

image

形無しのパイ生地。少しだけ奥の火が強めです。天板の奥に載せたものは熱源の形状で少し強いところができるので、途中で天板の前後を変えたほうがきれいです。

3)厚みのあるケーキ

image

これはバナナブレッドですが、直径15cmの丸型で焼いています。重い生地ですが、しっかりと持ち上がります。

5.

アーモンドパウダーとヨーグルトのケーキ。同じサイズで焼いたもの。少し焼きムラができます。厚みがある分、オーブンの熱源に近くなり、色があまりつかないケーキの場合、影響を受けやすい。オーブンラックの位置は3段階に調整できるので、高さが出るお菓子は下の段で焼くことにしています。でも焼き上がりの生地はとてもふっくらしっとり。底に当たる風が均一なので、目詰まりすることなく持ち上がります。

4) パウンド型

image

マトファーの18cmパウンド型を使います。オーブンラックの高さは3段階、その下段で焼けば、上部が熱源に近くなりすぎることもありません。

5) グラノーラ

img_7426

グラノーラは、焼き色を満遍なくつけるため、どのようなオーブンでも焼いている間に何度か混ぜる必要があります。その際に付属の天板では、浅すぎて混ぜているうちにグラノーラが外にこぼれてしまう。また焼きあがってからスパイスを混ぜる時にも浅いと作業がしにくい。だから、あえて深さのあるバットを使います。このオーブンには(そして私のレシピも)琺瑯バット15取型がぴったり。野田琺瑯のを使っています。

6)クッキー類

image

ナッツバターと卵で作る、粉なしクッキー。裏の焼き色がきれいに出ます。

img_7363

型抜きクッキー。

クッキー類は天板いっぱいいっぱいに広げて焼くのと、もともと薄いので、ムラができやすい。これは大きなオーブンを使っていてもそうですね。だから、天板を一度、前後交換しています。


ちょうど半年、使い続けて、とても満足しています!少しでもご参考になれば、嬉しいです。

 

お菓子の型、いろいろ-1

image

おすすめの型を教えて、と言われることが多いので、まとめてみます。

かわいい形のものを次から次へと欲しくなるものだけど、食器や鍋同様、厳選しているつもりです。でも書き出すと、結構あるなぁ。

image

まず、ココナッツフラワーの食パンを焼くのは、一番上のマトファー・パウンド型・18cm。もちろん、パウンドの形で焼けるものは全てこれで。一番、形のバランスが良く、焼き時間も家庭オーブンで無理がない。かれこれ15年は使っています。

タルト型は、タルト以外にココナッツフラワーのショートブレッドにも使う、底取タルト型。型離れ良くする加工が施されているので、使いやすい。これも10年は経つ。

ミニマフィン型。ショートブレッドをクッキーサイズに焼いたり、ミニフロランタンにも登場。ミニチーズケーキもこれで焼きます。上部4.5cm、高さ2.3cmが12個取れる型は ECKO。アメリカで購入した20年前のもの。

cropped-image-3.jpeg

実はミニサイズの型が好きで。

家で焼くお菓子は、タルトならタルト生地はカリッと焼き上がり、中のクリームはとろみが残り、生のフルーツや軽く煮ただけのものをトッピングしたい。そうすると、大きなタルト型では、切り分けが難しいのです。だから、タルトレット型&ブリオッシュ型は、学生の時に買い集めたものを今でも使い続けています。

image

シフォンは直径17cm。うちのオーブンに入るギリギリのサイズ。

よく、デロンギコンベクションオーブンで、シフォンは無理じゃない?と聞かれますが、このサイズで、卵2.5個分までなら大丈夫。

このような足がついているのは珍しいですよね?いつ買ったか記憶にないのですが、これはアメリカのエンジェルフードケーキ型なのです。ここに卵2個の分量で焼きます。シフォン型は新調しようかまよっているところ。買うなら14cmを2-3個。
image

マドレーヌ6個取は、フッ素加工が剥げてきたので、新調が必要。きれいに焼き色をつけたいので、シリコンではダメだから、次はこれだな〜

image

基本の18cm丸型、少人数家族なので良く使う15cm丸型も底取タイプ。湯煎で焼くベイクドチーズケーキも、外側をアルミホイルで包んで使えば、底取型でも大丈夫です。

image

さて、ミニ型はさておき、大きな型の場合、何が面倒って型の準備ではないですか?オーブンシートを型に合わせて切る。案外時間がかかってしまう。

だから私は、繰り返し使えるテフロンオーブンシートを型用に切っておきます。

パウンド型は写真のように。

image

底取丸型も(左上)底の円形と、側面の細長い部分にわけて二枚。

image

オーブンの天板ぴったりサイズにも。

ただ、このオーブンシート、洗った後、乾かす場所にいつも困っていました。他の食器の上にのせると乾きにくいし、布巾に直接置くと不衛生だし。

だから、こうしました。

image

吊り戸棚の下にワイヤーを張って、木製クリップを差しておく。干す時だけ、見た目がちょっと残念だけど、使っていない時は何も見えないのでこれで良し。

型・道具はまだまだ紹介したいものたくさん。徐々にアップしていきま〜す。

 

 

 

 

 

 

デロンギ・コンベクションオーブン二代目

image

ふふふ どうやったってにやけてしまう。新旧、並びました。といってもサイズ感をお伝えするためだけに一瞬並んで、旧型はさよならします。

デロンギのコンベクションオーブン、EO1258J がだめになって、EO12562J を迎えました。つらつらとオーブンのことを語ります。長いです。

右側の旧型、150度まであがっていたオーブンも、ついにどれだけ余熱しても生ぬるくしかならなくなり、修理は可能だけど7000円かかりますと言われて悩みました。

そもそもオーブンの加熱機能が狂うというのは、直したとしても不安が残るし、今はコンベクションオーブンも修理代金と同じくらいで買えるし、実はドアのヒンジも弱りかけていたので、外れないかビクビクしていたこともあり、条件を羅列していざ新機種を探しはじめ。

欲しいオーブンの条件

  • 今の居住環境では、ビルトインではなくカウンタートップ用が現実的。キッチンを新調した暁にはミーレが入る予定。(夢とは書かない、予定にしておく)
  • レンジとオーブンが一体になったいわゆるオーブンレンジはいらない。重いし、大きいし、レンジがついているのでドアが透明でなく、庫内が見えないから。
  • オートメニューはいらない。昔、オートメニューのついた重いオーブンレンジをつかっていましたが、私はオート調理機能が苦手です。焼き加減は私が決める(笑)タイマーと目と手触りと。
  • 早くふっくらとケーキが焼きあがるので、コンベクション機能は欲しい。チキンを焼くにもコンベクションは必須。家庭用コンベクションは大きなサイズが作れないので、必然的にコンパクトサイズ
  • 焦げ目をつけるためのグリル機能も欲しい
  • 最低限、今のオーブンと同じ庫内寸法。パウンド型2台、マフィン6個取、18cmスポンジ、23cmロールケーキなど型が決まっているので、特に高さ (14cm) が重要。
  • 液晶画面ではなく、単純なダイヤル式が良い

庫内高さについて

実はグルテンフリー・穀類不使用のお菓子作りを始めるまでは、今のオーブンでも庫内高さが足りず、不満に思っていました。小麦をたっぷりふっくらさせることが目的だったので。上火と下火の間は14cmしかなく、直径17cmのシフォン型に卵3個で作ると、上火にくっつきそうになります。

ところが穀類不使用の生活を始めると、そもそもボリュームのありすぎるお菓子は食べなくなる。よほどのことがない限り、米粉も登場しないので、ひたすらふんわりのお菓子は、出番が減ります。体に毒にならないように、小さめサイズで作るようになると、高さ14cm でも十分になりました。シフォンも卵2個で作ります。

格安機種?ツインバードとシロカ、そして日本メーカー

ネットでコンベクションオーブンを調べると、最近お手頃なツインバードやシロカがあがってきますね。値段も、本当にうちのオーブンの修理代金くらい。特にツインバードは評価もまずまずだし、思わずクリックしそうになりましたが、購入はネットでも、実物を見てからにしたい。ドアの開閉具合や庫内の見え方、ラックの滑り、ダイヤルの使い勝手などなど、触ってみないとわからないことだらけ。

でもツインバードは置いている店舗が通える範囲の大型電気店にはなかった。だから陳列されてあるもので、片っ端からみていきました。どうやら日本のメーカーのコンベクションオーブンに対するセールスポイントが、

「お惣菜あたためが得意」「揚げ物をあたためてもサクサク」「トーストが早く焼ける」・・・

そんなにお惣菜あたため機能必要かな〜?私もお惣菜を利用することはありますが、単純にチーンで良くない? 家で作ったかのように、、というのはそもそも無理がある気がします。

そしてパンを食べていた時から、ガスコンロに網で焼いているので、トースト機能も不要。

さらに庫内のものを出しやすくするため、ドアに網がヒンジでひっかかっていて、ドアを開くと同時に前にスライドしてくるものが多い。これは、ゆるゆるのお菓子を焼いたり、壊れやすいお菓子を焼くと、その動きだけで型が崩れることがあるので嫌なのです。総じて庫内もぎゅっと狭かった。

クイジナートを個人輸入?

デザイン性ではアメリカのクイジナートやキッチンエイドが好きなので、思い切って個人輸入してしまおうかとも考えました。ところが、どうやら最近のアメリカのキッチン家電もオートメニュー好きになっているようで、不要なものばかり。単純な機能で良いかも?と思った Oster 社のは評価を読んでいくと、「タイマーの音がまるでサイレン!びっくりする」と大きな操作音に慣れているアメリカ人が何人も書いていたので、却下(笑)

あら〜 とすると、二代目もデロンギじゃない?

機能性・デザインともにやはりデロンギが良い。赤が入っていないデザインで絞ると、購入したEO 12562J か、パン捏ね機能をつけたEO2071J。明らかにパン捏ね機能はいらない。(しかも高いし大きいし)。

そういうわけで、二代目は初代のものとほぼサイズ感・機能面で変化のない EO12562J となりました。天板はまったく同じサイズ。天板が増えて嬉しい。スローベークモードがないのですが、湯煎で焼けばスローベーク同様にしっとり仕上がるので特に問題なし。

初代では不満だった、ドアの開閉と同時にラックが前後するひっかかりがなくなって、ドアはドアだけ、ラックはラックだけで動かします。

さ、さ、オーブンが届いたら即、から焼きです。

image

オーブン余熱開始。

おー、温度が上がっていく上がっていく!(当たり前)

きゃー、設定した220度に到達する!(当たり前)

うわー、庫内が本当に熱い!(当たり前すぎ)

笑笑

温度差、時間差

まず設定の220度には約10分で到達しました。早いっ。でも8分経過後の210度でサーモスタットが機能し、余熱完了とランプが消えました。あと2分、あと10度。こんなの誤差範囲ですね。

タイマー設定10分、キッチンタイマーと合わせてはかると、1.5分ほど差が出ました。ダイヤル式のタイマーはこれくらいの誤差は常識。お菓子を焼くときは、時間も温度も中の焼け具合を見ながら調整するものだから、まったく問題ありません。

無事、から焼き、完了。

いざ、スポンジケーキを

まず、待ち構えてたように、焼くよね。

娘が「家庭科の教科書に載っていたスポンジケーキが食べたい。でもどうせ、作ってくれないっしょ、小麦だもんね」というものだから、米粉バージョンでいかがかと。そう、滅多に使わない米粉は、ふわふわのスポンジケーキを作るとき専用です。

image

さくっと作っちゃおう。プレーンなスポンジにココナッツシュガーではアクが強すぎるので、きび砂糖にしました。うう、今日はお砂糖が多いな・・・

180度に余熱させて(本当に180度にあがった!またしても当たり前のことに感動)

オーブン下段に入れる。ドアを開いて生地を入れたので、一旦170度に下がりましたが、そもそもコンベクションの170度で焼くのでちょうど良い。

わ〜膨らむ膨らむ!(当たり前、その5)

表目に焼き色ついた〜!(当たり前、その6)

いったい、どれだけ私はオーブンの当たり前を忘れていたのか・・・

image

こんなに満足に焼けたの、どれくらいぶりだろう。一人でキャーキャー言っていました。ちなみに、これはコンベクションモードで焼き、途中で型を動かさずに一箇所で焼きました。均一な焼き上がり!

オーブンの調子がおかしいなと思って数ヶ月、その後やっと庫内温度計を買ったのが去年の12月。かれこれ7、8ヶ月は不調な焼き具合に泣かされていたみたい。

image

紙をはがした後の底面も、あぁきれい。

image

しっとりと焼き上がりました。メロンとぶどうとブルーベリー。帰宅した娘、米粉がどうのこうのとイチャモンつけながらも、ペロッと食べきりました。

ちなみに、夕飯もオーブン料理にしました。

さ、何年くらい持ってくれるかな〜

*この日付け以降、特に記載がない限り、自宅で焼くお菓子はすべてこのデロンギコンベクショーンオーブンを使用しています*