旅行」カテゴリーアーカイブ

キヌアサラダ&スープ

特にスーパーフード好きではないので、キヌアを食べ始めたのも、つい最近なのですが、栄養価の高さ、調理の簡単さ、食べた後の満足感と応用の効くところ、全てが気に入っています。8月のまとめにさらっと書きましたが、これから暖かいスープが美味しく感じる季節なので、ぜひ試して欲しいなぁ。

カリフォルニア旅行でもキヌアはどのように使われいるか知りたくて、メニューにあれば頼んでいました。色がきれいだったのが、このサラダ。

imageアップルとレーズンとレッドキヌア。味付けはあっさりとしたビネグレットでした。

image

いろいろな準備法があるようなので、私の使い方を。

作りやすい分量として、カップ1/2ほどを漉し器に入れて、サッと水洗い。鍋に入れて、倍量の水を注ぎ、蓋をして沸騰させ、弱火で数分。その後、火を止めて10分ほど置く。プチプチと弾けて小さな根が出てきていればOK。匂いが気になるという人もいて、その場合は最初ふたをせずに沸騰させると良いみたいです。でも我が家は皆、平気。

私は水っぽくなるのが嫌なので、茹でるというより蒸します。そして、パパッと私一人の時に食べたいな、と思ったら小鍋でこのように一回分。多めに作っておく場合は、冷蔵庫で2、3日保存も。

image

オリーブオイルと塩こしょうでサラダ。別々で食べても、

image

他の具材と合わせても。

image

そして特に最近、よく作るのがスープ。実は旅行中にもいただいていたのですが、使える写真がなくて。具たくさんスープにキヌアが入っていて、栄養満点でした。

自宅で作った日は、冷蔵庫にあってスープに使えそうなのが、玉ねぎ・大根・人参・ごぼう・ベーコン。

image

炒めずに、コトコト煮て、塩こしょうで整え、別鍋で蒸しておいたキヌアと器に盛りつけました。

image

食べる時に、パルメザンチーズをゴロゴロッと、EVオリーブオイルもタラーッと。

image

ホワイト&レッドのキヌアとキビとそばの実のミックス。同じように蒸して、

image

またスープに。蒸したものが余っているので、今日はサラダかな。

ぜひ試してみてくださいね♫

カリフォルニア旅行・食材ショッピング

ロスで一番興奮したお買い物はファーマーズマーケットとスーパーで、だったかもしれない。

旅行に出る前にしっかりと片付けをし、手元にはお気に入りのものだけに近づけようとしながら、旅行先では厳選したあるものを買うつもりでいました。

そのひとつは Vitamix。バイタミックスといえば、ヘルスコンシャスな人たちのキッチンにはかなりの確率で置いてある、高速ミキサー。スムージーを作ると、今までのミキサーでは出せなかったなめらかさになるとか、具材を入れて回すだけで暖かいスープができてしまうとか。何より私が魅かれたのは、ナッツや穀類をあっという間に粉末状にし、ナッツバターも簡単に作れちゃうところ。調べれば調べるほど、あー、これがあったら良い!と思い込んでしまい。

アメリカの大好きなキッチンストアで、高い棚から下ろしてもらって、実物を見て、あと数分で「これ、買います」というところだったのだけど。

ふと、思ったのです。私が目指しているレシピは、誰でも簡単に再現できて、材料もなるべく入手しやすいものを使っていて、気軽に作れるんだけど体に良いもの。道具も一般的なキッチンにありそうなものを使うこと。

しかも、私スムージー飲まない(笑)ナッツをバターにするのは欲しいけど、瓶詰めの上質なナッツバターがある。穀類を粉にするメリットというけど、私のお菓子作りは、なるべく穀類もカットしていたんだった(爆)

ものを追いかけるというのは怖い。こんな、本質的なことを忘れそうになるんです。

だからグルテンフリーの食べ物を探し、食べられるものは食べ、レストランやカフェで美味しかったら材料を聞き、地元産のフルーツをたっぷり頂き、本屋ではたくさんの情報を得て、価値ある体験をしてきました。

そして自然食品のスーパー Wholefoods Market や Trader Joe’s で大はしゃぎしてグルテンや穀物を使わない食品を買ってかえってきました。

image

Justin’s のナッツバター個包装、フレーバー色々。これは以前から iHerb で見て気になっていたのですが、アメリカのスタバで食べられることができたのです。

image

スタバは大好きだけど、食生活を変えてからは食べるものがなくて、日本では飲み物オンリー。でもアメリカでは protein box と呼ばれる、フルーツやゆで卵、チーズ、そこに食べてみたかった Justin’s のナッツバターも含まれたセットがある!なぜ、このセットを日本で売ってくれないの〜 小さなパンがついているからグルテンフリーではないけど、マルチグレイン。チーズは本格的な美味しさだし、フレッシュフルーツが外出中に食べられるのは嬉しいのですよ。ブラックコーヒーに合うのは甘い食べ物だけではないから!!で、Justin’sも美味しかったので、色々なフレバーを買って帰りました。持ち歩きにも便利です。

image

ハチミツはカリフォルニアで採れたものが量り売り。

image

Long Beach のワイルドフラワー・ハニー、娘にたっぷり詰めてもらいます。

瓶詰めになったアーモンドバターと、最近手作りで用意しておくトレイル・ミックスは、 Trader Joe’s で。

image

玄米パスタ、種類が多すぎて迷ってしまいました。サラダにも使えそうなスパイラルにして、家族にも食べてもらおう。右のグリリング・ラップは今、流行っているのですよ。薄〜いシダーウッドのシートで、お肉や野菜を包んで焼くとパサつかずに良い香りが移るというもの。

キヌアはレストランで食べるサラダやスープにたくさん使われていて、とても参考になりました。色のアクセントとしてレッド・キヌアも多かったので、私はキヌア(レッド&ホワイト)とキビ、そばの実がミックスされたものを購入。

PALEO パレオ、とは原始的な食生活に戻そうとするライフスタイルで、グルテンだけでなく穀類も控えるのですが、そのパンケーキミックス。グラノーラもグルテンフリー&穀類不使用。それからカフェでいただいたグルテンフリー・パンケーキがオートミール粉を使っていたので、オートフラワーも。

パンケーキミックス、グラハムクラッカー、ゴマ入り塩味クラッカー

こんなグルテンフリーの箱入りの食品が、棚一面を埋め尽くしている。もっともっと吟味したかったけど、限られた時間で、パパッとカートに入れたのが、パンケーキミックス粉、グラハムクラッカー、ゴマ入り米粉&アーモンドパウダークラッカー。

この二つのスーパー、大好きすぎるから、両店舗でエコバッグをお土産に買いたくなるけど、ふと、また冷静になる。エコバッグ、たくさん持ってるなぁ、当分必要ないなぁ。ミニマリストになりきれない、でもなりたいと思っている人間の頭の中は忙しすぎるのです^^

食材はすでに使っていっていますので、順番に感想をアップしますね!

アメリカ旅行・家をきれいにしたくなる花屋

普段、お花のある生活はしていなくて、ベランダに少しだけあるハーブ類も枯らすのが専門なのに、ヨーロッパの花屋が好きです。店内のお花の種類は少ないかもしれないけど、お花を買わない人でも雰囲気にうっとり酔いしれることができる空間に仕上げていると思う。

imageアメリカにもこんな空間を楽しむための花屋ができたんだ〜と、パンケーキを食べたお隣の素敵なショップで写真を撮らせてもらいました。

image

このコーナーだけ見れば、雑貨屋さんみたい。タンブラーやソープ、キャンドルなど。

image

実用的ではないけど、私の中で憧れナンバーワンのデイベッド。アイアンのベッドにリネンのピロー、暖炉スペース。こんなコーナーが家にあったなら。

image

リネンと石鹸のコーナーはバスルームを意識した品揃えです。花束に添えてプレゼント?

image

ショップ中央のテーブルまわりは夏のカーニバルを彷彿とさせるような飾りとひまわり。ペーパー飾りは家に置くと、安っぽくなってしまうのに(ハロウィン・パンプキンで経験済み)うまく取り入れられるのが不思議です。

image

キャンドルを置いた切り株トレイ。今回、花屋だけでなく、キッチンショップやデパートでたくさん見かけました。流行ですね。

image

グリーンだけのリース、いいな。

使い勝手は悪いかもしれない(笑)ペンキの剥げたチェスト、うちのすでに古いチェストでも、ここまでになるのはあと何年かかるかな?

imageゴッホのひまわりに似てる。そしてPEACEサインですら、ポップにはしない。

image黄色い花束に添えるなら、こんなグリーン、とまとめられたショップ入り口。ここにも濃くてツヤのあるグリーンはなくて、全てがすこ〜し色褪せた系統で揃えられている。色使い、色感覚、素晴らしい。

image

店の奥では店員さんが、ピンクの花束を作っていたけど、店頭のどこにも黄色・白・グリーン以外のお花は見当たりません。どうやら、季節柄、ひまわりをメインとした黄色のお花とそれに合う何種類かのお花のみ店頭に置き、あとは注文を受けたものをお店の奥で用意しているようでした。

秋が来たらどう変わるのかな?冬はふわふわと白っぽい花を置くのかな?見に行ってみた〜い!

それは叶わないけど、家に帰ったら部屋全体を整えたい、と思わせてくれるフラワーショップでした。

 

アメリカ旅行・グルテンフリーに触れる(1)

久しぶりの海外旅行で訪れた南カリフォルニア。Newport Beach にある、Haute Cakes Caffe は短い滞在期間中に2度訪れたほど、空間も食事も気に入りました。

image

旅行先の食事は、どちらかというと行き当たりばったり派。行ってみたいな、と思う場所をメモしても、その日に食べたいものや、行きやすい場所とは限らないので。ただ旅の目的は毎回必ずあって、今回はその一つ、「アメリカのグルテンフリー事情に触れてくる」を達成するため、当日の朝、探して見つけた場所がここ。

パンケーキや卵料理とポテト、シリアルにパン、というアメリカの典型的な朝食メニューが並ぶ中、ちゃんとグルテンフリーのセレクションも。

image

色褪せたグリーンの木のボックスには手にとって選ぶためのメニュー。ガラスケースに並ぶのは、琺瑯のトレイ。そしてこの中のクッキー類の半分はグルテンフリーなのです。悲しいかな、全部買って試すわけにはいかないので、食べたのは一種類だけだったけど、許されるなら片っ端から食べたかなったなあ。

image

ガレット。カスタードと生のピーチ、この組み合わせが美味しそう。ピーチの食感が日本の桃とは違うので、 型なしパイ は別のフルーツで再現しようっと。
image

チップはここへ、のボックスまでかわいい。小銭のお釣りは、ここにいれておきましょう。

image

黒板文字、今回よく見かけました。以前から黒板にメニューが書かれていることはあっても、ビジュアルを意識した書き方は少なかったような。これは黒板文字風にペイントされたものだけど、他のカフェでは実際にチョークでメニューが書かれていたし、雑貨屋でも黒板風になるペーパーとチョーク風のペンがあったり。

image店内で食べるなら、このカウンター席か、奥のテーブル席。お客さんが多かったのでテーブル席の写真はなし。暑すぎたり寒すぎたりする日は中も居心地良さそうでした。いかにもログキャビン風じゃないインテリアに鹿のツノのデコレーションという組み合わせが何ともオシャレ。奥の琺瑯容器にはセルフサービスの水が入った、ウォーターディスペンサーです。

image

私たちは迷わず外の席へ。8月の朝、南カルフォルニアなのに例年より涼しくて、肌寒いくらいでした。タンクトップの人もいれば、レザージャケットの人もいる。大人気のお店のようで、どんどん入ってくるお客様を見ているだけでも楽しかった。

グリーンの使い方が、凝りすぎないかっこよさで、これもドンピシャな好みです。緑は枯らすことしかできない私にはなかなか真似できないんだなぁ。

image

外の大テーブル。これも色褪せたグレーグリーンが素敵。うちのダイニングチェアが20年経ってかなり痛んできたので、ベンチを置きたいと探しているところ。やっぱり人数を限定しないベンチ、理想です。
image外にもウォーターディスペンサー。

image

初日は皆パンケーキ。真ん中のがグルテンフリーです。材料を聞くと、オートフラワー(オートミールの粉)を使っているとか。グルテンフリーのパンケーキにはライスフラワーが使われることが多いけど、オートミールの粉が試せて嬉しい。この後、スーパーでオートミールの粉を探したのは言うまでもなく。
image

プレーンな見かけ、でも実はブルーベリー入りです。しっとりしていて、少しもっちり、米粉ほどの重さはなく、舌触りも良くて本当に美味しかった!もちろん、コーヒー&紅茶はお代わり自由。香り良い少し薄めのコーヒーをたっぷり飲みながら、ゆっくり時間をかけて朝ごはんを頂けて幸せ。

image

翌日はオリジナルのグラノーラ。オートミール、ココナッツ、ひまわりの種、アーモンドが入っていて、生のフルーツがとても良くあいます。それにしてもこんな大きなブラックベリーはなかなかお目にかかれませんね。アーモンドミルクを添えて、栄養満点、大満足。とにかく、味を舌に覚えさせたいと思いながら食べました。

お皿使いも好きだなぁ。

image

少しタイミングが悪いと、注文を受けてもらえるまで、そして運ばれてくるまでにかなりの時間がかかると現地の口コミサイトに書かれていました。たまたま私たちはあまり並ばずに済んだものの、サービスに時間がかかるのは当たり前の南カリフォルニアです。二日も通えたのは、時間に余裕のある旅だからこそ。

image

こんな素敵な場所を見つけられて良かった。そして記憶が新しいうちに、レシピを再現したい!