DIARY」カテゴリーアーカイブ

グルテンフリーパンケーキ 米粉のパンケーキ ガデナハウス

ピンクのパンケーキワークショップ

鎌倉ガデナハウスでのパンケーキワークショップが終了しました。グルテンフリーのパンケーキをピンク色で作るイベントです。

材料のこと、作り方、食べ方、添えるものの作り方などなど、全部じゃなくても部分部分で再現してもらえたらいいなぁと思って、たくさんお伝えしました。ゲスト同士が盛り上がって、賑やかにおしゃべりを楽しみながら過ごせたのが何よりも嬉しい。

続きを読む

グルテンフリー生活の日常:家ごはん

グルテンフリー生活をはじめた頃は、食べる物がずいぶんと制限されたように感じました。でも、案外なんでも食べられるのです。特にお家ごはんは自分でコントロールしやすいから、深く考えずに食事の準備もできています。

続きを読む

キッチンリフォーム(家電収納)

ダイニング側のカウンタースペースはリメークです。ここを考えるのも、本当に楽しかった😊

もともとは開き扉3枚のキャビネット。ここに家電を収めたかったのです。

まだまだカウンター素材はきれいで、捨てるのは忍びなく、壁がわのカウンターと色が違ってもかまわないから残したいと伝え、箱部分を作り変えてもらうことに。

キッチン本体はしっかりしたものを入れるので、ここに大きな予算はかけられない。今ある4つのキッチン家電を収納しつつ、ゼロ/ワンアクションで使える状態にしたい。内部にコンセントが欲しい。リビング側からは何も見えない状態にしたい。

最初は可動式の棚をつけて、ワゴンを別に造作としていたのですが、エレクターシェルフを入れるほうが作業性も今後の応用も効いて良いかも、となり。だったら、手持ちのエレクターシェルフを作り変えて入れよう!と思いつき、組み合わせていきました。以前使っていたものから棚を再利用し、ポストとキャスターを新たに購入。

カウンターのみ残して収納を撤去したら、なんと床がなかった!というわけで、床材を新たに敷き詰めてもらいました。

何年も前にパソコンを置くために買った棚なので、引き出せる部分があります。ここにデロンギのオーブンをのせて、放熱対応もばっちり。下は電子レンジ。

そういえば、デロンギオーブンを去年の6月に購入した時には、「キッチンを新調したらミーレのオーブンを入れる予定」と書いていました。今回も、よし!いざミーレ!と意気込んで調べたのですが。本当にね、びっくりするくらい大きいんですよ。リフォームしたあとのIHコンロが入っている下部分全てをオーブンにあてがわなくてはいけないくらい。しかもカウンター下だと、オーブンのドアを開けた時に、床すれすれになってしまう。だから、導入している方はみな壁付けの棚を用意して設置しているんです。

かといってミーレの中でも小さめのレンジオーブンには魅力を感じない。普段は小さな型で少しずつ焼くことのほうが圧倒的に多いし、なによりこのデロンギのコンベクション、気に入ってる♡なんなら、故障したらまたデロンギにしてしまいそうなくらい・・・

こんな風に、理想と現実のすり合わせを最後まで繰り返すのがリフォームなのですね。制限があるからこそ、自分の本当に好きなものやよく作る料理、我が家の生活スタイルまで再確認していく作業。ミーレへの妙な憧れはすっかり影を潜め、デロンギLOVEがしばらく続きそうです。

カウンター下の右側は、これまたエレクターシェルフをワゴンとして使用。バーミックスと無水調理機ホットクックを置いています。調理している時は少し引き出して使い、終わったら戻す。掃除の時はカートを全部前に出して。コンセントも中に作ってもらったから、あちこちにコードが見えることもなし。

出番の多いバーミックスもすぐに手に取れる。

以前はとにかくコンセントの少なさに泣かされていたので、シンクとセットになっているクッキングコンセントもつけました。このままカウンターの上はもちろん、コンロにも届くので、今まで以上にバーミックスの出番が増えています。

家電のためにスペースを確保するのは、ちょっと贅沢な空間の使い方なのですが、カウンターがすっきりして大満足!

 

キッチンリフォーム(コンロ)

コンロは最後まで迷ったものの一つでした。まだ既存のガス3口タイプが使える。これを再利用するか、違うタイプを入れるか。ガスかIHか。

料理好きはガスを勧めます。私もガスが使いやすいと思っていました。

ところが最近の五徳は高さがありすぎて、鍋の種類によっては不安定になります。そして私はグリルを使わないので不要なのに、ほとんどのモデルはグリル付き。夢の設備を思い描いていた時はガゲナウを調べたりもしていましたが、もう少し現実的になって比較すると。

ガスにする理由:火加減がしやすい(火加減をした時の反応が早い)、高火力、フライパンあおりができる、火で炙ることができる、土鍋が使える、お香に火がつけやすい(笑)

だけど私が作る料理はフライパンをあおったりしない(それにガスは解除しない限り安全装置がついているからお鍋外せない)。五徳の高さがあるせいで、高火力という割に湯沸かし時間がかかる。炙るものといったら、するめイカと海苔くらいかなぁ。手持ちの鍋のほとんどがクリステルだから、ふたをして無水調理やとろ火で煮込むことが多い。高温で焼きたいときは鉄鍋を使う。

あれ?ガスである必要なくない??

IHのメリット:フラット、炎がないので窓を開けられる(うちはコンロの隣が開く)、最近のIHは高温で一気に加熱するのも得意、とろ火が得意、温度調整ができる、保温設定がある

私はもともと自動調理というのが苦手で、設定がいろいろついているのは苦手なのです。揚げ油の温度なんて感覚でわかるようにならなきゃ!と思っていて、IHで温度管理してもらったら娘は油の温度や調理時間がわからない子に育つんじゃないかと心配していたのです。(なんて古臭い・・笑)でも、娘が大人になる頃にはまたさらに技術は進化しているだろうから、まったくもって無用な心配だと気づき。

そしてそして。パナソニックから出ているこのトリプルワイドという形に惚れてしまった❤︎

3つの熱源が横一列に並んでいるので、二人で調理してもお互いの腕が邪魔にならない。手前にスペースがあるので、お鍋のハンドルがカウンターからはみ出す危なっかしさもない。この手前スペースは調理中の仮置きスペースとしても、配膳のときのお皿置きとしても活用できる。カウンターとの差、わずか1.9mm。

しかもグリルなし!従来グリルのあるスペースに浅い収納がついています。


もう一つ最新モデルで、お鍋が4つ置けるタイプも出ていますが、さすがにお鍋4つ同時調理はないので、3つ並び&カウンターと同じブラックのモデルに決まり。ワイドタイプに合う換気扇は決まっているので、扉材と同じにするかどうかを決めるだけ。私はメタルの実用的なルックスが好きだから扉材で隠さず、シルバー一択でした。

これにして本当に正解だった。まず IHにはすぐに慣れました。(何回かブレーカー落としちゃったけど)写真の鍋サイズはストウブグリルパン26cm、クリステル20cm。かなりゆったりと置ける。

湯沸かしはとっても早いし、思った以上に火力があり、火加減の反応も早い。左右2つの熱源についているタイマーが便利。うちは鍋で炊飯なので、左で炊飯10分、右でスープ15分のように設定できるのがありがたい。余熱を見込んで、今までより早く火を消して余熱で調理すれば間違いなし。左右は揚げ油の温度設定もできるので、試しにチュロスと唐揚げを揚げてみたら、素晴らしい!温度がキープされるというのは、揚げ上がりが一定なだけでなく、油の汚れも少なく(焦げてしまうことがないから)、ココナッツオイルの再利用もしやすくなって。

今まで何にこだわって、菜箸で温度確認していたのか・・・

クリステルの鍋、ストウブのグリルパン、柳宗理のヤカン、写真にはないけどスノーピークのダッチオーブンとスキレット、クリステルのノンスティックフライパン。主なお鍋は以上で、どれもIH専用ではないのですが、とても使い勝手が良いです。土鍋はカセットコンロ用に。

90cm 幅だけど、作業スペースが減る心配もなし。カウンターとの段差がほとんどないので、カウンター続きに物を置けてしまうから。

唯一、今不便を感じているとすれば。カウンターの中央に熱源があるので少し腕を伸ばす必要があること。スイッチを出したままだと、お鍋の中心まで約40cm。娘はこの遠さが気になるようで、調理中はスイッチ部分を収納しています。それでも一般的な三口コンロの奥よりは手前になるので、きっとすぐに慣れるはず。

この手前スペースがまた使いやすくて、嬉しい〜

トリプルワイドの使い勝手はまだあまりネットに出ていなかったので、今後選ぶ方の参考になるといいなぁ。