お菓子の型、いろいろ-1

image

おすすめの型を教えて、と言われることが多いので、まとめてみます。

かわいい形のものを次から次へと欲しくなるものだけど、食器や鍋同様、厳選しているつもりです。でも書き出すと、結構あるなぁ。

image

まず、ココナッツフラワーの食パンを焼くのは、一番上のマトファー・パウンド型・18cm。もちろん、パウンドの形で焼けるものは全てこれで。一番、形のバランスが良く、焼き時間も家庭オーブンで無理がない。かれこれ15年は使っています。

タルト型は、タルト以外にココナッツフラワーのショートブレッドにも使う、底取タルト型。型離れ良くする加工が施されているので、使いやすい。これも10年は経つ。

ミニマフィン型。ショートブレッドをクッキーサイズに焼いたり、ミニフロランタンにも登場。ミニチーズケーキもこれで焼きます。上部4.5cm、高さ2.3cmが12個取れる型は ECKO。アメリカで購入した20年前のもの。

cropped-image-3.jpeg

実はミニサイズの型が好きで。

家で焼くお菓子は、タルトならタルト生地はカリッと焼き上がり、中のクリームはとろみが残り、生のフルーツや軽く煮ただけのものをトッピングしたい。そうすると、大きなタルト型では、切り分けが難しいのです。だから、タルトレット型&ブリオッシュ型は、学生の時に買い集めたものを今でも使い続けています。

image

シフォンは直径17cm。うちのオーブンに入るギリギリのサイズ。

よく、デロンギコンベクションオーブンで、シフォンは無理じゃない?と聞かれますが、このサイズで、卵2.5個分までなら大丈夫。

このような足がついているのは珍しいですよね?いつ買ったか記憶にないのですが、これはアメリカのエンジェルフードケーキ型なのです。ここに卵2個の分量で焼きます。シフォン型は新調しようかまよっているところ。買うなら14cmを2-3個。
image

マドレーヌ6個取は、フッ素加工が剥げてきたので、新調が必要。きれいに焼き色をつけたいので、シリコンではダメだから、次はこれだな〜

image

基本の18cm丸型、少人数家族なので良く使う15cm丸型も底取タイプ。湯煎で焼くベイクドチーズケーキも、外側をアルミホイルで包んで使えば、底取型でも大丈夫です。

image

さて、ミニ型はさておき、大きな型の場合、何が面倒って型の準備ではないですか?オーブンシートを型に合わせて切る。案外時間がかかってしまう。

だから私は、繰り返し使えるテフロンオーブンシートを型用に切っておきます。

パウンド型は写真のように。

image

底取丸型も(左上)底の円形と、側面の細長い部分にわけて二枚。

image

オーブンの天板ぴったりサイズにも。

ただ、このオーブンシート、洗った後、乾かす場所にいつも困っていました。他の食器の上にのせると乾きにくいし、布巾に直接置くと不衛生だし。

だから、こうしました。

image

吊り戸棚の下にワイヤーを張って、木製クリップを差しておく。干す時だけ、見た目がちょっと残念だけど、使っていない時は何も見えないのでこれで良し。

型・道具はまだまだ紹介したいものたくさん。徐々にアップしていきま〜す。

 

 

 

 

 

 

Print Friendly

コメントを残す