オーダー・バースデーケーキ

いつも小さなサイズで作っている、米粉の薄焼きスポンジを組み立てて、40人分のバースデーケーキを作らせていただきました。

最初にimg_7478

この米粉のロールケーキを召し上がっていただいた時から、小麦のケーキと遜色ない食感や味を気に入ってくれたのがきっかけ。

グルテンフリーはもちろんのこと、理想の雰囲気は「大人可愛く」「全体にバラで覆い尽くされて欲しい」というリクエスト。

IMG_8487

何度か試作品を作って、雰囲気を伝えるやりとりをしました。まず使う色素は全て天然由来のものです。

上の写真は、クリームの部分を泡立てたココナッツミルクで作っています。口金は Wilton 1C。かなり大きめで、8切なので、大きなケーキにゆるく巻くほうが適していますね。

IMG_8517

サンプルであっても、家族で食べるものだから、小さく小さく作っているので口金とのサイズ感があっていません。

ココナッツ缶のホイップは、美味しいけどケーキに添えるくらいがちょうど良いと私は思っています。だから、このように一面に絞り出すと、少しくどくなってしまう。

次に豆乳クリームでも作りました。使える写真がないのですが、こちらはまた別の使い道があるなぁと思って、一旦保留。

IMG_8776

次は生クリームで。薄焼きスポンジを三段重ねた高さと、ピンクと紫の色味をそれぞれ見てもらいました。

話し合った結果、40人と大人数に受け入れやすい味にするには、やはり生クリームに決まりです。

6枚のスポンジを焼き、現地に持参して、いざ組み立て開始!横に二枚、縦に三枚重ねます。

IMG_9178

まぐろじゃないよ^^
砂糖不使用のクランベリージャムを散らして。クリームに加えるお砂糖はきび砂糖、通常は10%のところ5%くらいにまで減らします。それでも十分。

IMG_9180

チョコプレートはご自身で作られたものです。プレートを仮置きしてみて、形を確認、隙間を全部バラで絞り出しました。口金は日本のもので、6切の#8を使用。

プレート部分をご自身で用意することで、100%任せきりではなく、一緒に作ったと感じられるものになったかなぁと思います。

主人公の思いを叶えるため、理想を形にするためのお手伝いとしてケーキを作る、そんな喜びを感じた準備期間&当日でした🎵

 

 

 

Print Friendly

コメントを残す