アーモンドケーキ

 

セミドライのレモンをのせたケーキや、プラムケーキなど、フルーツと組み合わせるケーキの土台となるものを完成させたかった。

アーモンドパウダーとココナッツオイルを主な材料として、でもパウンドのように重くならないように、オイルは控えめ。バターを入れない分、風味を出すために水切りヨーグルトを加える。ここまでは決まっていたので、少しずつ調整してみました。

グルテンフリーでよく使う組み合わせ、アーモンドパウダーとココナッツパウダーだと、一緒に焼くフルーツによっては合わない。だから軽さを出すためにはココナッツパウダーではなく、コーンスターチを使っています。

グルテンフリーですが、穀類不使用ではありません。穀類不使用にする場合は、コーンスターチをアロールート・スターチに変えて作ってくださいね。

image

水切りヨーグルトの作り方は以前ものせましたが、コーヒーのドリッパーにフィルターをセットするか、ザルにペーパータオルをしいて、水受けのボウルを下に用意し、ラップをして冷蔵庫に数時間。もとの約半量になればOKです。

image

このアーモンドケーキは、しっとりさと軽さがあるので、割と万人受けします。でも甘さはグンと控えているから、バターを塗って食べればグルテンフリーのパン代わり。甘さを足すには砂糖不使用のジャムを添えるとぴったりです。

そして、フルーツのコンポートをのせて焼くと絶対おいしくなると確信しているので、季節のフルーツで順番に試していくのが待ちきれない〜

ベースのレシピが決まると、この先のアレンジが次から次へと浮かんで、ワクワクします。まずはこのベーシックな一台、お試しください!

Happy baking🎶


アーモンドケーキ

15cm丸型1台分(18cmパウンド型)

  • 卵 2個
  • 生はちみつ 50g
  • ココナッツオイル 30g
  • 水切りヨーグルト 40g
  • バニラオイル(バニラビーンズ) 適量
  • アーモンドパウダー 80g
  • コーンスターチ 20g
  • スライスアーモンド 大さじ2
  • 型にオーブンシートを敷いておく
  • オーブンは170℃に余熱しておく
  • アーモンドパウダーとコーンスターチを合わせてふるっておく
  • 卵は卵黄と卵白にわけ、はちみつも40gと10gにわけておく
  • 水切りヨーグルトは、しっかりとしまりすぎて生地と混ざりにくい場合があるので、小さなボウルで混ぜて柔らかくしておく
  1. 卵黄2個と生はちみつ40gを泡立て器で良く混ぜ合わせる。
  2. ココナッツオイルを加え、一体化するまで混ぜ合わせる。
  3. 水切りヨーグルトを加え、なめらかになるまで混ぜる。バニラオイル(ビーンズ)も加える。
  4. 卵白を、別の清潔な乾いた泡立て器で、ふわふわと細かい泡状になるまで泡立てる。生はちみつ10gを加え、さらに泡立ててきめ細かいメレンゲを作る。硬いメレンゲにはならないので、細かな泡がしっかり立てば良い。
  5. 卵黄生地に粉類の半量を加え、さっとゴムベラで合わせる。粉が残っている状態で良いので、メレンゲの半量を加え合わせる。
  6. メレンゲの筋が残っている状態で、残りの粉類を混ぜあわせ、さらに残りのメレンゲも加えて、均一な生地になるまで切るように混ぜ合わせる。
  7. 型に入れて、スライスアーモンドを表面に散らし、オーブンに入れる。
  8. 170℃で30分、刺した竹串に何もついてこなければ焼き上がり。

Print Friendly

アーモンドケーキ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 8月のまとめ-グルテンフリー菓子に旅行にキヌア料理に。

コメントを残す