682F9570-FB86-4C89-BBE9-B8AAA7F90360

ピンクのパンケーキ

海外のおしゃれなホテルやカフェで最近食べられるらしい、ピンクのパンケーキやワッフル。

私はパンケーキは家で食べるものと思っているので、わざわざ出かけていって食べることはほとんどないのです。だから話題と聞くと、プロ&アマの評価を読んで味を想像したり、お店やシェフがレシピを出してないか探し、自分がよく作る配合と掛け合わせて、食べたことないものを再現しようとします。

いつでも評価基準は、自分や家族が美味しいと思うかどうか。世界1と言われる味が自分たちの好みであるとは限らないから。

だから、ピンクパンケーキも、探しました。試しました。いろいろ工夫してみました。

IMG_9996

今回はふわふわパンケーキなので、米粉とヨーグルトの配合で作ります。ピンク色に染め上げてくれるのは、ビーツ。

ビーツに水煮が近所のスーパーにあるということに驚きながら、ミキサーでピューレ状にして使います。

これがかわいい色にしてくれる!

IMG_9800

インスタグラムのストーリーに載せた画像しか残っていなくて、文字入りなのですが、鉄のフライパンの中でピンクの鮮やかなこと。これでふたをして蒸し焼きにすると。

5351B8B9-9D99-408D-81A7-EEA690061B0D

表面はほんのり焼き色がつくけど、中は淡いピンクのまま。ビーツの野菜味もすっかり消えて、色だけが残る。茶色いシロップをかけることさえためらうほどのピンクワールドだったので、砂糖不使用クランベリージャムを添えました。

やっぱり、ピンクは気持ちが上がります。普段は身の回りにピンクのものがない私だけど、パンケーキからピンク色の魅力を再確認しているところ。

まずは残りのビーツを使ってピンクの食卓で春を楽しむとしましょ。


お知らせ

グルテンフリーレッスン・春のランチレシピを開催します。

前菜、パスタ、デザートすべてグルテンフリー(一部乳製品不使用、穀物不使用)を召し上がっていただきます。

詳細・お申し込みはこちら

4D5292F2-399B-4626-8295-F8C6EAC6F369

甘味料ゼロのバナナブレッド

バナナを買ってきたら、必ず黒い斑点がたくさん出るまで置いておきます。ちょうど良い状態で冷凍すれば良いものの、少し冷凍庫が窮屈な状態の我が家。そのままさらに置いていたら、、、

今回はちょっと限界を迎えてしまったバナナ。

IMG_9645

ここまで真っ黒!急がなきゃと、いつものバナナブレッドを作るべく用意します。小麦不使用&穀物不使用のバナナブレッドです。

でもせっかくならここまで熟れきったバナナをできるだけ多く使ってしまいたい。えいや!といつもの二倍近くバナナを入れ、それだけで甘さが十分なのはわかっていたので、通常加える蜂蜜も省いてみました。

もし小麦で作るものだったら、生地はべたっと重くなって、焼き上がりも下の方にバナナが沈んでしまうことになったかも。でもこれがグレインフリーの素晴らしさで、少々加えるココナッツフラワーは、ほかの材料にはない吸水性があるため、時間をおけばおくほど、生地の水分を吸いあげてくれるのです。

ちょうど良い具合に水分を吸ったところでオーブンに入れて焼くと。ふんわりじゅわー。焼き色こんがり。

IMG_9688

この吸水のタイミングが読めず、完全に失敗したお菓子の数々。それがやっと味方につけた!と思う嬉しいケーキになりました。

ココナッツオイル控えめの配合なので、ギーをつけていただきましたが、あまりにもソフトなブレッドなので、塗ると崩れてしまう。だから、ナイフにバターを少しつけて、そのままナイフでブレッドも一口サイズに切って、一緒にパクッとたべました。

グレインフリーのお菓子作り、ますます楽しくなってきました🎵

 

 

 

IMG_9640

グルテンフリー〜春のランチレシピ〜

この度、otonomori とのコラボイベントの開催が決まりましたので、ご案内です。

グルテンフリー〜春のランチレシピ〜 をみなとみらいのキッチンスペースで開催いたします。

私自身は体に合っているという理由から、グルテンフリー生活をしています。(プロフィール(About me)に、詳しくグルテンフリーをはじめたきっかけを書いていますので、良ければお読みください。)

だからといって、皆に合う食事法かはわかりません。ましてや、美味しいものがあふれている今、ストイックな食事制限は難しい。それでも、興味はある方は多いはずです。

  • 毎日じゃなくて、週に一度でも取り入れてみようかなと思っている
  • すでにグルテンフリー生活をしていて同じような興味を持った人同士で話をしたり情報交換をしたい
  • グルテンだけでなく、グレイン(穀物)も省いてみたいからレシピにバリエーションが欲しい
  • いつも手作りするわけじゃないけど、食べてみたい

など、それぞれに合った取り入れ方ができる会。

グルテンフリーに対する興味だけを共通語に、ランチのテーブルを一緒に囲みましょう❤︎

ランチメニューはすべてグルテンフリー(グレインフリーのもの含む)でご用意します。ゆっくりと召し上がっていただきながら、材料や作り方、普段の取り入れ方などをお伝えすると同時にたくさんの質問にお答えします。

学ぶより味わって。理屈を語るより体感して帰ってください。皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

詳細・お申し込みはこちらへどうぞ。

 

IMG_9509

キッチン家電熱

あるお仕事の関係で、二月後半はキッチンにこもりきりでした。

同時にいくつもの試作をするので、とにかくキッチンエイドが大活躍。この重い機械、普段はキッチンを広々と使いたくて仕舞い込んでいるけど、その威力はやはりカウンタートップに出しっぱなしでこそ発揮します。とても単純な作業(泡立て)を短時間で均一に完璧に仕上げてくれる。熱いシロップを注ぎながら泡立てるとか、泡立てたもの3種類を合わせる時とか、購入してから少なくとも15年はたっているけど、改めてキッチンエイド素晴らしい!と思っていたのでした。

と同時に、キッチン家電熱が上昇中。あーできるだけものは小さく少なくと思っているから、すべてバーミックスと手作業で・・と決めていたのに。パナソニックがこんなシリーズを出してきて。

e-Pro シリーズ夏のアメリカ旅行で Vitamix を買うか買うまいか悩んだ時は、私には必要ないと納得して帰ってきたはずなのに。このハイパワーミキサー、、、惹かれる❤︎

プロの料理を家庭で再現とか、製品は料理教室で試せるという売り出し方はちょっと違うんだなぁとも感じるけど^^; (家庭料理は家庭料理で良いと思っている。料理教室じゃなくて販売店で使っているところを見せてほしい。バーミックスのように)

ただ、夏以降、作るグルテンフリー&グレインフリーのお菓子の幅が広がり、今ならこの機械を使いこなせる!と思うんだなぁ。挽きたてのナッツフラワーで作るお菓子とか、好みの組み合わせで作るナッツバター。スープ。スムージー。考えれば考えるほど、今の食生活にやはりぴったりな道具である気がしてきました(笑)

同時に今更ながら、ビタントニオのワッフルメーカーも検討中。グレインフリーの焼きドーナツとワッフルが作りたくて。20年前に買ったワッフルメーカーはさすがに壊れて処分してしまい、それ以来ワッフルメーカーなし。でもワッフルもミニドーナツもやっぱり形が可愛いよね…

両極端なものだけど、ただいま買う前の吟味期間です〜

6EFCCF4E-CB8A-42C9-AA09-047EBF5CC95D

バースデーパーティーの記録

バースデーパーティーでは、バースデーケーキの他に「Kana’s Placeコーナーを作るから!」とありがたい提案をしていただき、グルテンフリー&グレインフリーのお菓子3点を準備しました。

上の写真は一番人気だった、セミローグラノーラバー。これ、区切りを入れないとどういう意味かわからないですね(汗)セミ・ロー・グラノーラ・バー、です^^

ローというと、加熱しないことですが、これは半分加熱しているので”セミ”。メインとなるオートミールを少し香ばしく仕上げたかったので、軽くローストしています。あとは火を通さない材料で、さらに冷蔵庫で固めました。

焼きかためたグラノーラバーは香ばしくて美味しいのですが、イギリスのスコーンのようにたっぷりのドリンクと一緒が美味しい。立食パーティーだとそうはいかないので、しっとりしつつ香り高いものと工夫しました。

ちいさく一口サイズに切ったのが良かったのか、一切れ、もうあと一切れと食べてくれる方がいてとても嬉しかった❤︎

IMG_9217

これは、最近気に入っているチョコレートケーキ。米粉も使用しない、穀類不使用のしっとりケーキです。作り重ねるごとに改良を加えて、よりしっとり食べやすくなりました。大人の女性だけのパーティーだったので、ラム酒漬けドライフルーツ(レーズン・アプリコット・いちじく)もたっぷりめです。

食べながら、ワインに合いそうね!とのコメントに、飲めない私もうんうん!と頷いていました。本当にそう。濃厚になりすぎない大人な味です。

それから、一口チアシードプディング。IMG_9224

チアシードって「買ったはいいけど、どう食べていいのかわからなかった」とか「体に良いとは聞くけど、どう良いの?」などの質問に答えながら、召し上がっていただきました。女性はやはり、体に良いもの、美容に良いもの、と聞いたらそれだけで嬉しくなりますよね。

たくさんの方に食べてもらえた上に、その場で反応を聞かせてもらえて本当に貴重な時間を過ごせました。

そしてこの日のシェフは、Material & Co. のフードコーディネーター、YUさん。

IMG_9193

トリュフの香りがうつっている、絶品な生ハム。

IMG_9190

淡路島の自然栽培野菜、ビオアグリ

IMG_9194

豚肉の油、こんなに美味しいの!?と感動したイタリアンポーク。

私はケーキの仕上げを現地でしたので、キッチンで少し一緒に過ごしたのですが、作り方が格好よくて男前!かと思えば、盛り付けはセンス良く女性の好むカラフルなプレゼンテーション。そして味も良く、ボリュームもたっぷり。立食パーティーでお腹いっぱいになることはないのに、今回のパーティーは本当にお腹も大満足でした。

誕生日とはみんなに感謝をする日、とご自身でここまで企画し、思いついたことをすべて実現させていったAyakoさんの行動力に脱帽です。

一度お会いしただけで、大きなイベントのデザートを担当させていただいたこと。さらにたくさんの出会いに恵まれたこと。そしてまた次に繋がっていけること。

嬉しいです。ありがとう❤︎

IMG_9204

オーダー・バースデーケーキ

いつも小さなサイズで作っている、米粉の薄焼きスポンジを組み立てて、40人分のバースデーケーキを作らせていただきました。

最初にimg_7478

この米粉のロールケーキを召し上がっていただいた時から、小麦のケーキと遜色ない食感や味を気に入ってくれたのがきっかけ。

グルテンフリーはもちろんのこと、理想の雰囲気は「大人可愛く」「全体にバラで覆い尽くされて欲しい」というリクエスト。

IMG_8487

何度か試作品を作って、雰囲気を伝えるやりとりをしました。まず使う色素は全て天然由来のものです。

上の写真は、クリームの部分を泡立てたココナッツミルクで作っています。口金は Wilton 1C。かなり大きめで、8切なので、大きなケーキにゆるく巻くほうが適していますね。

IMG_8517

サンプルであっても、家族で食べるものだから、小さく小さく作っているので口金とのサイズ感があっていません。

ココナッツ缶のホイップは、美味しいけどケーキに添えるくらいがちょうど良いと私は思っています。だから、このように一面に絞り出すと、少しくどくなってしまう。

次に豆乳クリームでも作りました。使える写真がないのですが、こちらはまた別の使い道があるなぁと思って、一旦保留。

IMG_8776

次は生クリームで。薄焼きスポンジを三段重ねた高さと、ピンクと紫の色味をそれぞれ見てもらいました。

話し合った結果、40人と大人数に受け入れやすい味にするには、やはり生クリームに決まりです。

6枚のスポンジを焼き、現地に持参して、いざ組み立て開始!横に二枚、縦に三枚重ねます。

IMG_9178

まぐろじゃないよ^^
砂糖不使用のクランベリージャムを散らして。クリームに加えるお砂糖はきび砂糖、通常は10%のところ5%くらいにまで減らします。それでも十分。

IMG_9180

チョコプレートはご自身で作られたものです。プレートを仮置きしてみて、形を確認、隙間を全部バラで絞り出しました。口金は日本のもので、6切の#8を使用。

プレート部分をご自身で用意することで、100%任せきりではなく、一緒に作ったと感じられるものになったかなぁと思います。

主人公の思いを叶えるため、理想を形にするためのお手伝いとしてケーキを作る、そんな喜びを感じた準備期間&当日でした🎵

 

 

 

IMG_8908

グラノーラ・バー

グラノーラのレッスンを開催した際に、塊を作るにはどうすれば良いですか?という質問があり、オートミールの一部を砕いて粉状にすればできますよ、と答えました。

グラノーラのボックスを開けると、ゴロンゴロンとはいっている塊。あれを手で食べるのが美味しいんですよね〜 スプーンを使うのは、最後の方のポロポロになったものを食べる時だけ^^

ところがこの塊を作っているのは、接着剤の役割を果たしてくれる小麦のおかげなので、私の書いているグラノーラはグラノーラ・オンリーナッツも、プレーン・グラノーラも、塊にはならないものです。ただ、プレーン・グラノーラはオートミールの半量をフードプロセッサーで砕くことで、小麦の代わりになるので、塊がつくりやすくなります。

でも、出先でパクッと食べたいというリクエストもあり、それなら塊と粉状のミックスより、バーになっていたほうが良いよね?!とプレーン・グラノーラの材料も分量も変えずに作る方法を考えました。

51880B75-CFAF-474B-BC2D-425C816A70A9

と出来上がった、グルテンフリーグラノーラ・バー。

 

オートミールやナッツを粉砕し、液体を加え、小さめの型に入れたらギューッと押し固めてからオーブンで焼く。食べやすいサイズに切って、チョコとドライフルーツで味にアクセントを。

1F54C640-9134-46CE-96D4-8D109CFA7AB5このように小さく切るお菓子は、私は思い切り小さく一口サイズに切ります。2−3口サイズだと、食べる時にポロポロとこぼれてしまう。袋詰めにする時も、大きいの1個より小さいのを数個。見た目にインパクトがあるのは、少し大きめサイズなんですけどね…

6B251469-DF17-4277-815E-7A00D45F354B

さて、リクエストで作ったというのに一番喜んでいるのは私かもしれません。パクッとつまめるグラノーラがなんとも嬉しい。娘も学校に持って行き、お弁当のあとのデザートとしてお友達と食べたらしいです。ポロポロのグラノーラじゃできないですものね。

これが、「袋入りナッツを持ち歩く」のではなく、「クッキーを持ち歩く」のでもない、その間のグラノーラってところが味噌なんだなぁ。と満足しているのです。

 

210ADADF-6F92-4A90-ACEF-62D41D1BABCA

チアシードって何?

チアシード入りのブラウニーを食べてもらった友人たちからは、

  • 初めての食感!
  • チアシードがこうなるの〜!
  • アップルソースのおかげでしっとりだね。卵入ってないんだ(驚)
  • チアシード、アップルソース、それぞれがわかるお菓子も食べてみたい

などとコメントをもらいました。そうなのです、チアシードとアップルソースが入るからこそのしっとり感だけど、説明がなければ全く何もわからない。手間もお金も(笑)気づかない。ま、食べ物ってそういうものですけど。

だけじゃ伝わらなくて

餌や飼育環境にこだわった、濃厚卵

と書かなきゃ。わかる人は食べてみればわかるのでしょうけど、正直私はどちらがこだわり卵か当てるのは自信ないなぁ。お化粧品も能書きが大事。「目元クリーム」じゃなくて「翌朝おきてびっくり、ピーン!と3歳若返る目元クリーム」を買うよねぇ。ああ踊らされている。

話を戻して。

本で見た時に、チアシードもアップルソースも入っていて、面白いなぁと思って作ったブラウニー。小麦なし、卵なしのユニークな一品なので我が家の定番にはするけど、やはりチアシードのよさ、アップルソースの美味しさそれぞれがダイレクトに味わえるお菓子も作っていこうっと思った一品でもありました。

カカオニブ&チアシード

ところで、いまさら聞けないかもしれない….「チアシードって何?」(写真右側がホワイトチアシード)

ここ数年、スーパーフードと呼ばれる食べ物が増え、その中でも走りの部類だったのが

ココナッツオイル、亜麻仁、キヌア、スピルリナ、アサイー、そしてチアシード、ではないでしょうか?そもそもスーパーフードとは、一般的な食物よりも栄養価が高い、サプリではなく食品として健康にプラスの要素が含まれているものを言います。

断っておきますが、我が家の食品は一般的な食材ばかりです。そこにグルテンフリーのお菓子のための材料が加わり、そしてグルテンフリー食生活を送っている私用の食材が少し混ざっている程度。スーパーフードは完全に私のミーハー魂を満たすため(笑)、世に少しだけ遅れて取り入れるスタンスです。あまりにも稀少で高価なものには興味なし、どんなに体に良いと言われようと毎日食べたくなる味でなければリピートもしません。

そんな中でチアシードは、常備しているものの一つ。シソ科の種で(そういえば、私、シソの葉が大好きで、実はもっと好き!)、食物繊維が豊富です。大さじ1杯でごぼうに匹敵する量だとか。さらに大さじ1杯でオメガ3脂肪酸1日摂取量がまなかえ、カルシウムも鉄分も取り入れられる。

すべて私が必要としている&不足しがちな栄養分なので、積極的に摂りたい。

ふやかすとツルンとしたジェル状になり、乾燥わかめのごとく大さじ1杯がたっぷりの量になりますが、(このジェル状の成分はこんにゃく同様にお腹を満たしてくれるとか)ブラックチアシードは見た目がある生物の卵に見えてしまって。だからもっぱらホワイトチアシードを購入します。

そのままプチプチとした状態で食べても良く、ゴマをかけたような食感になります。でも私はふやかしたほうが好き。それも水で戻せば30分必要ないくらいなので、とても気楽に取り入れられます。ギリギリの量の水で戻してからココナッツミルクをかけたり、メープルシロップと合わせたり。他の液体、例えばココナッツミルクやヨーグルトでふやかす場合は時間がかかるので冷蔵庫で一晩置きます。

そして焼き菓子にすると、不思議とジェル状の部分が生地に馴染んでしっとり、かつ生地に粘度が出るので、ちょっとネチッとした食感に仕上がります。というわけで、次はチアシードのよさを最大限に活かした焼き菓子にトライします!(バニラ生地に入れるなら、ブラックチアシードのほうが色が面白いかなぁとも思い始めている・・・)

 

 

 

5C4DCFE3-D60C-40B0-A09B-29659F4CBB0E

クリームチーズフロスティング

フロスティングの砂糖、どこまで減らす?

アメリカのケーキに欠かせないフロスティング。キャロットケーキには絶対欠かせないので、今までも作っていたのですが、気に入っていたレシピはクリームチーズ100gに対して粉砂糖100g!美味しいわけだ(笑)でもさすがに食生活が変わった今は作って食べたいものではなくて。

だけど、チアシードとアップルソースのブラウニーを作った時に欲しかったので、軽めの食感とちょうど良い甘さにするため、配合を探りました。

BBCBE2A4-EA38-4649-9EC6-3F3F929FA873

ベースのブラウニーがココアの苦味を効かせているので、とろりとしたフロスティングの甘さでバランスをとります。ハチミツをつかい、分量としては今までの半量以下。

 

甘さ控えめでも満足できる味覚に

きれいな泡立ちのため、焼き色のため、保存性など砂糖を加える理由はたくさんあるけど、思い切って減らしはじめて約一年。たまに以前の配合のままで作ると、まず計量の時点で「え!?こんなに砂糖いるの?」とびっくりし、出来上がりを食べるて、「あま〜っ ><」とびっくりします。

ある程度の甘さがなきゃ満足しない、なんて言葉も聞きますが、そんなことはないです!以前のほうがもう一個、もう一切れと欲しくなっていた。栄養素が高く、満腹にさせてくれるチアシードのおかげで、一切れでも満足。これはアーモンドパウダーやオートミールを使ったお菓子全般に言えることで、小さくても甘さ控えめでも、満たされるから不思議です。

材料が送る満腹信号だけではなくて、味覚そのものがかわってきたのかも、というのは家族全員が実感していること。味覚は育てられるんだなぁと今更ながら・・・

グルテンフリーでも美味しい・かわいいはギブアップしません!

7F7E8318-AE4C-4852-90B5-B28CC471DEA5

でもお菓子は可愛くなくては。ここは譲れないので、クリームチーズフロスティングとダークチョコで飾ります。このフロスティング、いろいろなお菓子に使えそう、とこれはまたワクワクする味。

さて、これにpukka のハーブティーをつけたら、なんだか一気にバレンタイン仕様になった。やっぱりチョコとピンクの組み合わせはかわいいな❤︎

 

 

F5F1D975-CF14-48E9-8822-F3216CC484A3

チアシード・ブラウニー

通常、冷たい状態で食べることが多いチアシードを、温かくして食べると美味しいですよ、と前の記事に書いた次の提案は、

チアシードを焼き菓子に入れましょう

です。水で戻したゼラチン状のチアシードを加えて焼き上げることで、ちょうど良い弾力性が出てプチプチ感も残る美味しい焼き菓子に仕上がります。

77DC4E63-D48A-4EE9-BA1D-85B059F8826D

グルテンフリー生活を始めて間もない頃に購入した、インスタグラムで話題の Deliciously Ellaの本が家にあります。レシピを読むというよりは、写真を見てインスピレーションをもらうための本。若くて可愛くて(笑)写真がカラフル。書かれている言葉も元気いっぱいで、「スーパーイージーでデリシャスよっ!」と連発する、見ているだけで元気になれる本なのです。

海外の料理本はこういう目的で買うことがほとんどなので、作ったものが美味しく出来上がるかどうかには期待していません。ただアイディアが面白い。

そこに出てくるブラウニーがチアシードとアップルピューレとブラックビーンズ缶詰(!)のピューレ入りでした。チアシードの焼き菓子をいろいろと試したかったし、最近よく自家製アップルソースを用意するので、工夫してみました。もう一つのチョコレートケーキとは全く違う、ねっとりとした食感を目指しています。

オリジナルに入る材料は【アーモンドパウダー、チアシード、アップルピューレ、豆のピューレ(ブラックビーンズ)、メープルシロップ、はちみつ、ココア、アーモンドミルク、ココナッツオイル、レーズン】なのですが、

まずブラックビーンズ缶詰はいらない。ゆであずきを入れても良いのかもしれないけど、家庭で作るレシピはシンプルに。なくても美味しくできるなら材料のリストは短い方が良いと思っているので単純にカット。メープルとはちみつの両方を入れる必要もないから、いつもの生はちみつのみ。レーズンを入れることで、甘みとネチッとした食感が出るけど、チアシードとアップルで好みの食感と味になったのでこれもカット。

豆とドライフルーツをカットしたことでコクが足りなくなったので、逆に追加したのはダークチョコ。アーモンドミルクはまだ日本で良質なものに出会えていないので、私は牛乳を使用します。

アップルソース、私は良く作り置きします。甘さを入れないで作るので多くは作らずにりんご2個分くらいかな。朝のヨーグルトや、ちょっと甘さが欲しい時に冷蔵庫から出してきます。最近は市販のものも出回っていますね。買うならここのがオススメ!

小麦・バター・卵・白砂糖すべて不使用にできました。乳製品除去にしたければ、豆乳とアレルギー対応のチョコレート、もしくはカカオバターとココアパウダーで代用すれば大丈夫かな。

210ADADF-6F92-4A90-ACEF-62D41D1BABCA

これでチアシードのプチプチとちょうど良いねっとり感、アップルソースでりんごならではのさっぱりとした甘み。ココアとダークチョコがダブルで入ることで濃厚なチョコレート風味なのに、バターも卵も入らないので、驚くほど後味すっきり。

次はもっとアップルを際立たせたケーキにもしたいし、チアシードメインの焼き菓子も作りたいなぁと考案中です!

(レシピは現在加筆中)